トピックスtopics

肌の再生医療によるニキビ跡の費用は高い!?


肌の再生医療によるニキビ跡の治療は、自分の血液や幹細胞を使用することから簡単で安全、肌の若返り効果も期待できるという画期的な治療です。

しかし、この治療は自由診療であり、保険適用外なので、それなりの費用がかかります。

今回はこの費用を高いと見るか、安いとみるか…といったことについて解説します。

そもそも肌の再生医療によるニキビ跡の治療ってどんな治療?


まずは、肌の再生医療とはどういったものなのか、ニキビ跡にどのような効果が期待できるものなのかということについて解説します。

肌の再生医療は、しわやたるみ、目の下のくまを改善し、年齢によってさまざまなトラブルを抱えた肌を若返らせる効果が期待できる治療です。

この治療では、今まで治すことが難しかったクレーター状のニキビ跡にも効果が期待できると話題になっていますし、実際に、治療を受けた方たちの多くが効果を実感しています。

しかし、気になるのは費用です。

今まで行われてきたニキビ跡の治療であるケミカルピーリングなどと比べても費用は高くかかることが多いです。

肌の再生医療以外のニキビ跡治療との比較

ケミカルピーリングによるニキビ跡の治療は、天然由来の酸などの化学薬品を皮膚に塗布、表皮を剥がすことによって、皮膚のターンオーバーを図るものです。

このケミカルピーリング単体と肌再生医療の費用を比べてみると、両方とも保険適用外ではあるものの、肌再生医療の費用の方が高額です。

しかし、ケミカルピーリングはクレーター状になったニキビ跡には効果があまり期待できません。

また、酸を使用するのでアトピーなど皮膚疾患を持つ人や皮膚の弱い人には使えないですし、1回では効果が期待できず複数回行うことが必要です。

さらには、アフターケアをしっかり行わないと炎症や腫れが起こるなどの副作用が起こる可能性もあるので、その対処にも費用がかかります。

一方、肌の再生医療では、自分の細胞や血液を使用するため、副作用のリスクが低く、一回の採血や皮膚の採取でOKです。

気になるところ全てにピンポイント注射できるので、気になる部位に確かな効果が期待できるのも魅力ですし、細胞や血液は保存でき繰り返し使用できるというメリットもあります。

そして、年々肌が若返るなど嬉しい効果が期待できる治療法です。

このように比較してみると、肌の再生医療によるニキビ跡の治療費用は、効果の面や利便性などから考えると、決して高くないと考えることができるのではないでしょうか。

まとめ

肌再生医療によるニキビ跡治療費用は、その効果や安全性の面から決して高額でないことが分かります。

さらに、肌の若返りに効果が期待できるメリットもありますし、一般的に治すのは難しいといわれているクレーター状になってしまったニキビ跡にも効果が期待できるという点も魅力です。

確かに自由診療で費用は高くなりますが、ニキビ跡を消すまでに必要なステップを踏まえ、その治療費をトータル的に見てみると、決して高すぎるということはないと言えます。

トップ