トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 離断性骨軟骨炎とはどんな症状?原因や予防法も解説!

離断性骨軟骨炎とはどんな症状?原因や予防法も解説!


運動が原因となるケガに、離断性骨軟骨炎というものがあります。

離断性骨軟骨炎はスポーツをしている子どもに多く見られ、そのほとんどが肘や膝の関節に痛みや違和感を感じます。

症状の程度によっては、長期間の休養も必要になることもあるため、早期発見・早期治療が望ましいです。

そこで今回は、離断性骨軟骨炎とはどのような症状なのか、また、原因や予防法について解説します。

離断性骨軟骨炎とは?


離断性骨軟骨炎とは、軟骨が関節内ではがれ落ちている状態のことを言います。

膝や肘をはじめとする関節は、軟骨の存在によってスムーズな動きが可能となっていますが、スポーツのように長期間同じ動作を繰り返していると、関節内の軟骨がはがれてしまうことがあります。

これは継続的に1つの箇所に負担がかかったためです。

離断性骨軟骨炎になりやすいのは、スポーツをしている子どもです。中でも、野球やバスケットボールのように肘や膝を酷使するスポーツがきっかけになることが多いです。

離断性骨軟骨炎の原因

上記で解説したように、離断性骨軟骨炎は繰り返し関節に負荷がかかったことが原因で起こります。

同じスポーツを長期間続けていると関節にストレスがかかり、軟骨の下にある骨にダメージが蓄積されていきます。

例えば肘や膝などの関節で、いつも同じ場所に負担が加わると、軟骨や骨に向かう血液の流れが悪くなり、血流が滞ると障害を受けた骨の一部は壊死してしまいます。

そして、骨と壊死したところについている軟骨がはがれ落ちると、離断性骨軟骨炎を発症します。

肘や膝など同じ部位に頻繁に強い負荷がかかる野球やバスケットボールなどのスポーツは、離断性骨軟骨炎になりやすいのです。

離断性骨軟骨炎を予防するには

離断性骨軟骨炎は、スポーツの前後や最中の行動で予防することが可能です。

・スポーツ中やその前後には必ず適度に休息をとる
・同じ内容の動作を何回も繰り返すことを避ける
・肘や膝など離断性骨軟骨炎になりやすい箇所の筋肉トレーニングやストレッチをしっかり行う
・肘や膝の動きに違和感を感じたらすぐに運動やトレーニングを中止する
・よく使う部分の負担を軽減するために、サポーターやテーピングを行う

まとめ

離断性骨軟骨炎とは、スポーツが発症のきっかけとなる場合が多いケガです。

ですから、普段からスポーツの前後やトレーニングの最中にしっかり休息をとる、テーピングやサポーターを使うなど対策をしておくことが重要です。

もし肘や膝に違和感を感じたら、一時的に運動を中止し早めに医療機関を受診してくださいね。

スポーツ外傷・障害の痛みは
手術しないで
再生医療で治す時代です。

  • スポーツへ早期に復帰したい
  • ステロイドを使いたくない
  • 慢性化した痛みや、捻挫などの外傷や腱鞘炎を早く治したい

こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ