トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • プロペシアを女性が飲むと危険!知っておきたい副作用とは

プロペシアを女性が飲むと危険!知っておきたい副作用とは


男性と同じくらい、女性にとっても髪の毛が薄くなるのは悩みの種です。見た目以上に老けて見られてしまったりするので、とても薄毛が気になっているという方も少なくないのではないでしょうか。

最近はファッションウィッグなども手に入るので、お洒落を楽しむことはできますが、やはり、自分の毛を増やしたいですよね。

そこで、薄毛の治療薬として「プロペシア」というお薬があるのですが、このお薬は女性が飲んでも良いものなのでしょうか?それとも男性限定なのでしょうか。

こちらでは、脱毛治療薬の飲み薬「プロペシア」を女性が飲むとどうなのか…といったことについてご紹介します。

プロペシアを女性が飲むと脱毛症は治る?


結論から言うと、プロペシアは、男性の脱毛症に対して開発された治療薬で、女性が飲んでも効き目が期待できません。

男性型脱毛症は、大人になってから額の生え際や、頭頂部が薄くなってくるという症状の脱毛症です。

ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの一種が、毛髪の成長を妨げることから起こります。

この原因物質の産生を抑制する薬がプロペシアですが、もともとは前立腺肥大症を治療するための薬として開発されたものです。

世界60ヵ国以上で使用実績のある安全性の高い薬なのですが、男性のみに有効で、女性の閉経後の男性型脱毛症には効果がないことも分かっています。

また、女性がプロペシアを飲むと危険を伴う場合があることも分かっています。

プロペシアを女性が飲むと危険

プロペシアは男性専用の薬で、女性は服用禁止です。

特に、妊娠している人や妊娠の可能性がある人は、特に注意が必要です。プロペシアを妊娠中の人が飲むと、お腹の中の赤ちゃんが男の子の場合、生殖器官に悪影響を及ぼしてしまう可能性があるからです。

飲むだけでなく、プロペシア錠剤を砕いた粉を吸い込んだり、手で触ったりするだけでも、影響を及ぼす危険性がありますので、取り扱いには十分注意しましょう。

男性には効果あり

女性にとっては危険を伴う可能性のあるプロペシアですが、男性には効果が期待できます。

男性の脱毛の原因は、男性ホルモンの一種が引き起こすものなので、ジヒドロテストステロンの産生を抑えるプロペシアを1年間、脱毛の度合いが軽度~中等度の人に投与すると、半数以上の人に改善効果が見られたという結果が出ています。

また、50代以上と比べると、30~40代の若い人に高い効果が見られています。

※肝機能障害、痒痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫、睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下、抑うつ症状、めまい、リビドー減退、勃起機能不全、射精障害、精液量減少などの副作用が起こることもございます。(※薬品添付文章より)

まとめ

プロペシアは、妊娠中や妊娠の可能性がある女性が飲むと、男の胎児の生殖器官に悪影響を及ぼしてしまいますので、女性は禁止という考えを持つべきでしょう。

しかしながら、男性の脱毛症には効果がある薬です。飲む際は、女性の近くで薬を扱わない、分割したり砕いたりしないなど、取り扱いに注意するようにしてくださいね。

 

監修:院長 坂本貞範

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ