トピックスtopics

アキレス腱炎が治らない場合どうすればいいのか


アキレス腱炎は、保存療法によって痛みが改善することが殆どです。

しかし、中にはアキレス腱炎がなかなか治らない人もいます。痛みや違和感を抱えたままではスポーツができない、生活に支障をきたすということもありますよね。

では、アキレス腱炎が治らなかったらどうすればいいのでしょうか。

そもそもなぜ、アキレス腱炎が治る人、治らない人がいるのでしょうか。

アキレス腱炎は治らない人もいるの?


保存療法で治ると言われているアキレス腱炎ですが、中には治らない人もいます。では、アキレス腱炎が治らない人は、なぜ治らないのでしょうか。

症状が軽いアキレス腱炎なら保存療法でも数週間で治すことができるのですが、重症となると、簡単に治らないのです。

スポーツを休んで治療をしているにも関わらず治らない場合は、今の治療のアプローチが誤っている可能性が高いです。

また、繰り返される負担でアキレス腱炎は発症するので、一度治ったとしても、また同じように負担をかけていると再発し、なかなか治りません。

40歳以上の方は、運動をしていなくてもアキレス腱炎になることがあります。これは、年齢を重ねることによって血管が増えてしまうことが原因です。

血管が増えると神経線維も一緒に増えるので、痛みが生じてしまいます。このような原因だとアキレス腱炎はなかなか治りません。

重症のアキレス腱炎はなかなか治らない

重症のアキレス腱炎ほどなかなか治らないわけですが、どのような症状だと重症なのでしょうか。

「Blazina」という、膝蓋腱炎の重症度分類がるのですが、これをアキレス腱炎に当てはめることができます。

分類は以下の通りです。

(Ⅰ度)
運動開始時のみ痛みがある
(Ⅱ度)
運動開始時に痛みがあり、動いている間に消失するが、時間経過につれて再び痛みが出る
(Ⅲ度)
運動中は常に痛みが消えない

Ⅰ度は軽度で、Ⅱ度、Ⅲ度と重症度が高くなり、アキレス腱炎もなかなか治らないのです。

アキレス腱炎が治らない場合どうすればいいのか

重症度の高いアキレス腱炎は、数ヶ月の保存療法を経ても治らない場合があります。

そのような場合は、手術療法という選択肢があります。手術療法とは、アキレス腱周辺の癒着を剥離したり、硬くなった組織の切除をしたりする外科的アプローチです。

まとめ

軽症のアキレス腱炎であれば保存療法で治るのですが、重症化するとなかなかアキレス腱炎を治すことができません。

また、負担を掛け続けると再発することがあり、加齢によっても治りにくくなることがあります。

数ヶ月の保存療法でも治らない場合は、手術療法という治療方法もあるので、医師と相談の上、アキレス腱炎の治療方法を検討してみてくださいね。

トップ