トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 毛根細胞は再生医療で復活する?薄毛に関する悩みは「再生医療」が解決の鍵になる可能性も!

毛根細胞は再生医療で復活する?薄毛に関する悩みは「再生医療」が解決の鍵になる可能性も!


薄毛に対しては、これまで様々な対策が推奨されてきました。

例えば、マッサージをするのがよい、温めるのがよい、炭酸水でシャンプーをするのがよい、わかめを食べるとよいなど根拠のありそうなものから、実際にはこじつけのようなものまでさまざまです。

近年では、髪の毛を生み出す「毛根細胞」を復活させることで薄毛を解決しようという「再生医療」が脚光を浴びています。こちらは医療ということで、確かな効果が期待できます。

今回は、毛根細胞を復活させるという再生医療について解説いたします。

毛根細胞を復活させる方法とは?


髪の毛は、ただ不規則に生えてくるというものではありません。

皮膚の下に髪の毛の元となる「毛根細胞」があり、この毛根細胞内で細胞分裂が促進されることによって、髪の毛が生成されます。

これまでの薄毛治療においても、この「毛根細胞」というものが果たしている役割には注目されており、毛根細胞に何らかの刺激を与えて髪の毛を生成させようというものが大半でした。

しかし多くの場合、「毛根細胞が死んでいれば、髪の毛は復活しない」という認識が大半だったのです。

近年では、この毛根細胞の「復活」ということに主眼を置いて、薄毛治療への活用も示唆される再生医療が注目されています。

男性にも女性にも毛根細胞の復活を望む人は多い

薄毛というと壮年期の男性が悩むケースが多いものですが、若い人にも脱毛に悩む人は多いというのが現実です。

また、女性においてもホルモンの影響などで脱毛が促されてしまい、髪の毛が薄くなってしまうという症例もあります。

これまでのホルモン治療などでは、男性に対しては効果が認められたものもありますが、女性の薄毛治療というものには適用が難しいという研究結果になったものも少なくありません。

とはいえ、女性も男性と同様、毛根細胞の復活を望む人は多く、こうした再生医療において毛根細胞が復活することを望む声は大きいのです。

再生医療による毛根細胞の復活は研究段階

毛根細胞が「死んでしまっている」と表現されることが多いものの、実際のところは実際に死滅しているというよりは、毛根細胞の発毛が「休止期」に入っているというのが正当な考え方です。

この休止期に入った毛根細胞に刺激を与えたり、成長期にある細胞を移植することで発毛を促そうというのが再生医療です。

これには様々な方法が研究されている段階です。

未だ医療機関による実用化はなされていませんが、研究は急ピッチで進められており、今後、こうした毛根細胞の再生による薄毛治療が展開されることについては大きな期待が寄せられているといえます。

まとめ

薄毛治療においては、何が具体的に効果があるのか、どれだけの効果があるのかという点が不透明でした。

そのため、様々な方法が試みられたり、中にはこじつけのような治療法も存在しています。

しかし、自前の毛根細胞を使って毛根を復活させ、発毛を促すという近年の再生医療は、「脱毛症」への「治療」として研究が進められているものです。

この技術が実用化されれば、薄毛に悩む多くの人の希望となりえる治療です。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ