トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • ゴルゴラインに効果的なのはどっち?ヒアルロン酸注射とvs幹細胞治療

ゴルゴラインに効果的なのはどっち?ヒアルロン酸注射とvs幹細胞治療


ゴルゴラインは、20代から50代という幅広い年齢層の方が悩んでいる肌トラブルの1つです。

ゴルゴラインとは、目頭から頬の中心に向かう45度のラインのことです。このラインがあるだけで顔は実年齢よりも老けて見えてしまいます。

今回は、そんなゴルゴラインの治療方法として有名なヒアルロン酸注射と幹細胞治療について解説していきたいと思います。

ゴルゴラインはヒアルロン酸で解消できるの?


ゴルゴラインは通称であって、正式な医学用語ではありません。

この名前の由来は、漫画に登場するゴルゴ13の顔にあるラインに似ていることから来ていると言われています。

ゴルゴラインは30代くらいから気になり始める方が多いです。そして、40~50代に入ると深いゴルゴラインに悩むようになる傾向にあります。

ゴルゴラインができるのは、皮膚に必要なハリを作るコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンが減少すること、表情筋などの筋肉が衰えによって顔の皮膚にたるみが生じやすくなることが原因です。

ヒアルロン酸注射でゴルゴラインを解消する方法がありますが…。

ゴルゴラインを解消するために行われている美容治療は、ヒアルロン酸注射がほとんどです。

ゴルゴラインが生じる原因には、皮膚のハリ不足が関係しています。ヒアルロン酸を外から補うことで、一時的にゴルゴラインを解消することが出来るというわけです。

しかし、ヒアルロン酸注射には弱点もあります。それは、効果が長続きしにくいという点です。

美容整形で使われるヒアルロン酸は、他人や動物から採取したものです。そのため、体の中に入ると異物として扱われ、異物扱いされたヒアルロン酸は皮膚に長く定着することが出来ず、短期間で体の外に排出されてしまいます。

効果が続くのはヒアルロン酸の種類や注入技術にもよりますが、大体数ヶ月~1年程度です。人によっては、年に数回ヒアルロン酸を注射することになります。

ヒアルロン酸よりゴルゴラインに効果的な美容法はコレ!?

ゴルゴラインには、ヒアルロン酸注射よりも効果的な治療法があります。

それは、幹細胞注射です。

幹細胞注射は再生医療の分野で用いられていますが、最近になって肌の若返りにも活用され始めました。

幹細胞は皮膚に必要なヒアルロン酸やコラーゲンを生成している細胞です。この細胞を活性化させることでヒアルロン酸やコラーゲンがたくさん作られるようになり、皮膚のハリが取り戻せるというわけです。

幹細胞注射で使う幹細胞は自分自身の細胞で、ゴルゴライン解消などの肌の若返りに使う細胞は、比較的老化しにくい部分と言われている耳の後ろから採取します。

採取した若い細胞を培養して増やし、ゴルゴラインのある箇所に注入します。

幹細胞治療は、細胞が自分自身のものなので皮膚に長い期間定着することが出来ます。

そして、ただ補うのではなくヒアルロン酸を作る細胞の働きにアプローチした幹細胞注射は、ヒアルロン酸注射よりも根本的な解決策と言えるでしょう。

まとめ

ゴルゴラインは肌のハリを作るヒアルロン酸やコラーゲンの不足が原因で生じます。

しかし、ただヒアルロン酸を補うだけでは、根本的な解決にはなりません。

幹細胞注射なら、ヒアルロン酸を生み出す細胞の働きにアプローチして、ゴルゴラインが生じる原因そのものを解消してくれます。若返り効果の持続期間も長いため、これからますます注目されていく美容法となるでしょう。

トップ