トピックスtopics

こめかみのシワができる原因とは?


顔にシワが出来ると人目が気になってしまいますよね。

一般的には目元、口元、眉間、額のシワが注目されがちですが、こめかみにできるシワに悩んでいる人はいませんか?

こめかみは一見シワとあまり関係ない箇所に思えますが、実際できてしまうと気になるものです。

そこで今回は、こめかみのシワができる原因について解説していきます。

こめかみにシワができる原因は乾燥


こめかみにシワができる原因の1つに、肌の乾燥があります。

顔の皮膚は冬場の空気や夏のエアコンなどで乾燥します。皮膚が乾燥すると肌の中からうるおいが奪われ、乾燥する環境で過ごすことが多いと、年齢に関係なくシワができるのです。

対策としては、きちんと顔の保湿ケアを行うこと、こまめに水分を補給すること、肌の代謝に必要なビタミン類を摂ることなどが挙げられます。

こめかみのシワとコラーゲン不足の関係

こめかみのシワには、コラーゲン不足も大いに関係しています。

元々若い肌には欠かせないコラーゲンですが、こめかみの皮膚も同様です。

20代半ばから徐々に肌で作られるコラーゲンは減っていき、ハリやうるおいも減少します。これは加齢による影響ですね。

対策としては、コラーゲンを含む化粧水を使う、ヒアルロン酸注入などがあります。

ただ、この2つの方法は根本的なシワ解消にはなりません。肌が老化している状態では、いくらコラーゲンやヒアルロン酸を入れてもすぐに新たなシワができてしまいます。

シワを完全に消すには、肌がしっかり機能していることが大前提になります。

こめかみのシワは再生医療で解消できる!?

ここまでにご紹介したように、こめかみのシワは乾燥と加齢が原因ですから、日頃のケアの仕方や食事に気を配る、ヒアルロン酸注射による治療を受けることがシワ予防の対策になります。

しかし、これらの方法よりももっと確実なものがあります。

それは、再生医療による肌の若返りを狙う方法です。

若返りのために使用するのは、自分自身の細胞ですから副作用のリスクな度も少なく安心です。皮膚の中で老化しにくいと言われている耳の後ろから採取した細胞を増やし、こめかみの皮膚に注入するだけです。

たったのこれだけでこめかみの皮膚の中では、活発になった細胞がコラーゲンやヒアルロン酸性をたくさん生成してくれるので、若い頃のようにシワのないこめかみになれるのです。

まとめ

こめかみのシワは、普段のスキンケアや食事で予防することができますが、シワがすでにできている場合はこれらの対策では不十分です。

こめかみのシワの原因は肌が老化してうるおいを保てなくなったことですから、肌の再生医療で肌の機能が若返れば、再びうるおいとハリが維持できるようになり、シワを改善する効果が期待できます。

「なんとかしてシワを解消したい」と思ったら、自分自身の細胞を使った若返り治療を行うことも検討してみてはいかがでしょうか。

トップ