トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • プロペシア以外のAGA治療薬の効果は?他の治療法は?

プロペシア以外のAGA治療薬の効果は?他の治療法は?

AGA治療の現場でもっともよく使われるのがプロペシアという飲み薬です。

しかし、プロペシアだけでなく有効なAGA治療が日々開発されてきています。

こちらでは、プロペシア以外のAGA治療にはどのような方法があるのか、ご紹介します。

プロペシア以外のAGA治療「ザガーロ」


AGA治療現場ではプロペシア以上の発毛・育毛効果のある治療薬としてザガーロが高く評価されています。

AGAでは男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンというホルモンに変質し、このジヒドロテストステロンが毛根部の発毛に関わる細胞を縮めていってしまいます。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドはⅡ型5-α還元酵素というテストステロンをジヒドロテストステロンに変える酵素の働かせなくすることで体内でのジヒドロテストステロン発生を抑えます。

これに対して、ザガーロの有効成分(デュタステリド)はⅡ型5-α還元酵素をプロペシア以上に抑え込む力が強いという特徴があります。さらに、同じようにジヒドロテストステロンの発生に関与するⅠ型5-α還元酵素という物質を抑える力も強いです。

このようなことからAGA治療の現場ではザガーロの評価が高まっているのです。

プロペシア以外のAGA治療「ミノキシジルの塗布」

AGA治療ではプロペシアやザガーロの服用と並行して、ミノキシジルという塗り薬の使用が医師のための診療ガイドラインにおいて推奨されています。

ミノキシジルはもともと血管の収縮がひどい高血圧患者の血管を拡張するための飲み薬としてアメリカで開発されたものですが、頭皮に塗ってみると高い発毛効果があることがわかり、世界へ広がっていったのです。

現在のAGA治療では5%のミノキシジルが標準的に使われています。

5%のミノキシジル(リアップX5、リグロEX5など)は第一類医薬品として市販もされており、1本(およそ1ヶ月分の60mg)が7000円前後で購入できます。

プロペシア以外のAGA治療「光線治療」

AGA治療を得意とする医療機関ではLEDや低出力レーザーなどの光線治療で治療実績を出しているところがあります。

科学的に立証されたわけではありませんが、AGA治療を実践する現場の医師は、光線治療によって、「頭皮の細胞が活性化し、細胞分裂がさかんになること」、「ジヒドロテストステロンの作用による毛根部の炎症を抑えること」などにより発毛・育毛が進むと考えられています。

プロペシア以外のAGA治療「発毛メソセラピー」

AGA治療において、近年、非常に注目されている治療法にメソセラピーがあります。

これは頭皮に針や電気などを使って非常に微細な孔を一時的に作り、そこから発毛・育毛を促す成分を注入していく治療方法です。

皮膚という強固なバリアを一気に通過させて毛根部や皮下の血管に発毛促進剤を入れていくことで従来の手法に比べて高い治療効果が期待できることから、発毛メソセラピーを導入するAGAクリニックが増えてきています。

まとめ

AGA治療を行うクリニックが積極的に行っているプロペシア以外の治療方法を見てきました。

AGA治療は日進月歩で進んでいます。

治療薬の改良はもちろん、今話題の発毛メソセラピーに象徴される薬剤を到達させる技術もさらに改良が加えられ、AGA治療の効果も今後さらに高くなっていくことが予想されます。

こちらの記事でご紹介した情報を参考に、ご自身に合ったAGA治療を選択してみてくださいね。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ