トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • AGA治療で育毛する仕組みとは?本当に効果はあるの?

AGA治療で育毛する仕組みとは?本当に効果はあるの?


AGAは、男性ホルモンの作用が原因で起こります。概ね40代後半、50代の男性に多い悩みですが、20代から薄毛が進行してしまう人もいます。

日本皮膚科学会の調べでは、日本人男性の20歳代のおよそ1割、30歳代の2割、40歳代の3割、50歳代では4割の人がAGAになるというデータを発表しています。

男性にとって決して他人事ではないAGA。見た目も老けて見られるので、コンプレックスになってしまうこともありますよね。

そこで注目されているのがAGA治療なのですが、そもそもAGA治療ってどのように育毛するのでしょうか。本当にAGA治療で育毛効果は期待できるのでしょうか。

今回は、AGA治療による育毛についてご紹介します。

育毛を促すAGA治療とはいったいどのようなものなの?


AGAとは、直訳すると「アンドロゲンの脱毛症」となります。

アンドロゲンとは男性ホルモンのことなので、AGAは男性型脱毛症とも言われます。

AGAの人では男性ホルモンの刺激を頭皮が受けると、髪の毛を作る毛根部の細胞がどんどん縮み弱くなっていきます。

そのためAGAの人は髪の毛の成長速度が遅くなり、髪の毛は次第にやせ細り、ついには生えなくなってしまうのです。

そのため男性ホルモンのバランスを調整し、育毛を促すのがAGA治療です。

AGA治療を行うことで毛髪サイクルが健全化し、育毛が順調に進み、髪がよみがえる効果が期待できるのです。

AGA治療でどうやって育毛するの?

本格的なAGA治療をするためにはそれを専門にしている医療機関を受診するのがベストです。

市販薬で治療するよりも、あなたの薄毛(AGA)に合った、最も適切なAGA治療を行ってもらうことができるので、より効果的で効率的な育毛ができるでしょう。

では医療機関ではどのようなAGA治療を行い、育毛を促すのでしょうか?

飲み薬を使う

AGA治療の定番治療薬として知られるのがプロペシアやザガーロという飲み薬です。

AGAの原因となる男性ホルモンは、テストステロンが変異したジヒドロテストテロンというホルモンです。テストステロンのままならAGAは起こりません。テストステロンがジヒドロテストステロンになるからAGAが起こるのです。

だったら身体の中でテストステロンがジヒドロテストステロンにならないようにすればいい!

そういうコンセプトで開発されたのがAGA治療に使われるプロペシアやザガーロで、AGAの人にとって高い発毛・育毛効果があることが科学的に証明されています。

塗り薬を使う

有名なAGA治療のための塗り薬としてはリアップが挙げられます。

リアップに含まれるミノキシジルという有効成分が働いて育毛を進めているのです。

ミノキシジルはもともと血管を広げることで高血圧を治療する薬として使われていたものですが、高い育毛効果があることがわかり、世界中に広がっていきました。

育毛を促進する要因についてはまだ解明されていませんが、ジヒドロテストステロンによる毛根部の萎縮作用を打ち消すくらい強い血行促進作用が働いているものと推察されています。

まとめ

今回はAGAについて紹介するとともにAGA治療の標準治療とも言うべきプロペシアなどの飲み薬を使った治療、塗り薬ミノキシジルを使った育毛治療について簡単に紹介しました。

AGAの人の頭皮は、男性ホルモンの作用でどうしても薄毛・脱毛に傾いてしまいます。

せすから、AGA治療では男性ホルモンの性質を変えることで薄毛・脱毛に傾く流れを止め、育毛を進めていくことができるのです。

AGAを感じているなら、少しでも早くAGA治療を始めたほうが、より高い育毛効果が期待できますよ。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ