トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 薄毛治療ってどんな飲み薬を飲むの?効果や副作用について解説!

薄毛治療ってどんな飲み薬を飲むの?効果や副作用について解説!


薄毛治療では投薬治療を中心に治療を進めるのが一般的ですが、ひとくち「薄毛治療の飲み薬」といっても種類があり、それぞれに異なる作用を示します。

これから薄毛治療を始めようとしている人は、予備知識として薬の種類と主な作用について知っておくと良いでしょう。

そこで、薄毛治療に用いられる主な飲み薬の種類と効果について解説します。

ミノキシジル


薄毛治療で用いられる飲み薬「ミノキシジル」は、もともとは高血圧の治療のために、血管拡張作用が期待できる薬として開発されたものです。

のちに、患者さんに発毛効果が表れたことから、脱毛症の治療薬として転用されたという経緯があります。

前述の通りミノキシジルには血管拡張作用があり、頭皮の血行を改善します。発毛には栄養が欠かせず、その栄養を運ぶための通り道である血管を拡張して血行を良くすることで、頭皮にも栄養が行き届くようになります。

プロペシア

「プロペシア」も、薄毛治療で用いられる飲み薬の1つです。

一般名を「フィナステリド」といい、男性型脱毛症(AGA)を治療する薬として用いられています。

プロペシアの作用は「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンの生成を抑制するというものです。ジヒドロテストステロンは発毛細胞に悪影響を及ぼし、薄毛を進行させてしまうので、その生成を抑制することにより、男性型脱毛症の進行を抑え、抜け毛を予防します。

前述のミノキシジルと併用されることも多く、ミノキシジルが積極的に発毛を促す「攻めの薄毛治療」であるのに対して、こちらは薄毛の進行と抜け毛を抑える「守りの薄毛治療」と表現されることもあります。

ザガーロ

「ザガーロ」は、ミノキシジルと同じような経緯をもつ薄毛治療に用いられる飲み薬で、もともと前立腺肥大症の治療薬として開発されています。

男性型脱毛症の改善にも効果を示すことがわかっており、プロペシアの1.5倍ほどの発毛効果を持つとされています。

パントガール

女性の薄毛治療薬として開発された「パントガール」は、びまん性脱毛症など女性の薄毛を改善する効果が期待されている飲み薬です。

女性用の薄毛治療内服薬としてはじめて認可された薬であり、この飲み薬の登場によって女性の薄毛治療の費用を抑えることに貢献しています。

まとめ

ここで紹介した以外にも、さまざまな飲み薬が薄毛治療の現場において用いられています。

どんな薬がその人の薄毛を改善できるかはその人の症状や体質などによって異なります。

個人輸入などの方法で入手するのではなく、薄毛治療を取り扱っているクリニックで信頼できる医師から処方してもらってくださいね。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ