トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 薄毛治療の薬は「個人輸入」で購入しても問題ない?

薄毛治療の薬は「個人輸入」で購入しても問題ない?


薄毛治療では、さまざまな「薬」の力を借りることになりますが、基本的に相応の期間の継続が必要なので、薬代もそれなりの金額になります。

そんな薬を安く購入する方法として「個人輸入」があるのですが、薄毛治療の薬は個人輸入で購入するという選択肢はありなのでしょうか?

薄毛治療の薬は健康保険が使えない!?


薬を処方されるにあたって、その費用面で特に気になるのが「保険が適用されるかどうか」でしょう。保険適用されれば、少ない自己負担で薬を入手することができるからです。

薄毛治療の薬は健康上の問題を解消するという目的ではないので、皮膚疾患などの治療の名目が無ければ保険は適用されません。つまり、薄毛治療の薬代は基本的に全額自己負担になるというわけです。

そこで手に入れる方法として頭に浮かぶのが、海外から個人輸入で薄毛治療の薬を入手するという方法です。

薄毛治療の薬を個人輸入で購入するデメリット

個人輸入は薬を安く購入できる可能性がありますが、お勧めできる入手方法ではありません。お勧めできない数多くのデメリットが存在します。

薄毛の原因を特定できない

通常、薄毛治療の薬は医師の処方を受けるため、診察と検査で薄毛の原因を特定し、その症状に合った薬が処方されます。薄毛の原因は人それぞれであり、その人に合った薬でなければ奏功しません。

個人輸入で薬を購入する場合、購入する薬は利用者が自分で選ぶことになります。薄毛治療に必要な薬の種類を知っていたとしても、選んだ薬がその人の薄毛の原因に合ったものであるかどうかまでは保証されません。

安全な薬ではない可能性がある

医師が処方する場合、よほどのことが無ければ安全な薬が提供されます。もちろん副作用などのリスクはあるものの、薬自体の安全性は高い水準が保たれています。

一方で個人輸入の場合、どんな薬が届くかわかりません。有効成分が含まれていなかったり、副作用のリスクが高い成分が含まれている薬が届く可能性があります。

薄毛治療の効果をきちんと発揮しないどころか、健康上のリスクも抱えることになるのです。

薬がきちんと届かない可能性がある

他にも「薬がきちんと届かない可能性がある」というデメリットもあります。

医師から処方された薬は、きちんとした手続きを行うことで処方内容に合った薬が提供されます。処方だけされて、薬が提供されないなんてことは基本的にありません。

個人輸入の場合、その売買は利用者の自己責任であることが基本となります。もし、購入代金を振り込んだのに、購入した薄毛治療の薬が届かなかったとしても、それが補償されるかどうかはわからないのです。

まとめ

個人輸入によって薄毛治療の薬を購入することは、さまざまなデメリットがありますから、お勧めできません。

費用面の問題もあると思いますが、薄毛治療の薬は専門医の処方を受けて入手してくださいね。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ