トピックスtopics

AGA治療で「つむじハゲ」を改善できる?


ひとくちに「薄毛」といっても、さまざまなタイプが存在します。

しかし、どんな薄毛であっても本人にとっては無視できないコンプレックスとなります。

男性の薄毛というと「AGA」を思い浮かべますが、AGA治療はつむじの薄毛にも効果があるのか気になりませんか?

そこで、AGA治療がつむじの薄毛にも効果があるのかについて解説します。

AGAのメカニズムと「つむじハゲ」の関係について


まずは、つむじハゲがAGAとどのような関りがあるのかについて解説します。

AGAの原因は「男性ホルモン」の影響

AGAの原因は「男性ホルモン」の影響によるものです。

ある酵素によって生成された「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンが、毛乳頭の受容体に反応することで発毛のサイクルを阻害してしまい、薄毛が進行してしまいます。

このジヒドロテストステロンの生成に関わる酵素「2型5αリダクターゼ」は、つむじ付近にも存在しています。

しかし、その濃度は前頭部、つまり「生え際」と比較すると低く、遺伝的要因よりも「生活習慣」の影響による薄毛の方が可能性が高いということが分かっています。

つむじの薄毛を進行させる生活習慣とは?

具体的にどのような生活習慣が、つむじハゲの原因になるのでしょうか。

以下の生活習慣に心当たりがあれば注意してください。AGA治療においても、これらのポイントを把握していることが重要になります。

・ストレスを溜めこんでいる
・暴飲暴食する機会が多い
・十分な睡眠を確保できていない
・喫煙の習慣がある
・営業職などで頭皮が日に当たる機会が多い
・運動の習慣がない
・刺激の強いシャンプーを使っている

AGA治療はつむじハゲを改善できる?

本題に移りましょう。

AGA治療は男性の薄毛を改善できるイメージがありますが、果たしてつむじハゲを改善する効果を期待できるのでしょうか?

十分に効果を期待できる

前述の通り、男性ホルモンの影響によるAGAよりも、生活習慣の影響も無視できないつむじハゲですが、だからといってAGA治療が無駄になるということではありません。

AGAでは「頭皮環境を改善する」「血行を促進する」といった効果のある治療を行うため、つむじの薄毛にも相応の効果を発揮することが多いです。

生活習慣の改善も重要

つむじハゲの原因として無視できない生活習慣の乱れについても、改善の必要があります。

薬の服用などのAGA治療と並行して、つむじハゲの原因となっている悪い生活習慣を見直し、改善することでつむじの薄毛改善にも相応の効果を発揮することができるでしょう。

まとめ

つむじの薄毛は気づいてしまうと非常に気になってしまうはずです。

生活習慣を見直すことで改善効果を期待できなくもありませんが、しっかりと薄毛を改善したいのであればAGA治療を行っているクリニックに相談してみることをお勧めします。

トップ