トピックスtopics

AGA治療は「生え際の後退」も改善できるの?

薄毛にもさまざまな形がありますが、「生え際が後退する」という薄毛のタイプが特に気になるという人もいることでしょう。

AGA治療で薄毛が改善できる!という情報をキャッチしても、その治療で気になる生え際の後退もどうにかできるのか気になる人も多いはずです。

そこで今回は、AGA治療で生え際の後退を解消できるのかどうかについて解説します。

AGA治療で生え際の後退を改善するのは難しい?


一般的に薄毛の治療では「頭頂部の薄毛を改善する」よりも「生え際の後退を改善する」ほうが難しいといわれています。

これには、生え際の後退に関係するさまざまな要因が関係しています。

AGA治療との関係も含めて、生え際の後退を改善するのが難しいといわれる3つの理由について解説します。

生え際は血管が少ない

生え際は「血管が少ない」という特徴があります。

発毛・育毛には栄養の存在が重要なので、それを運ぶ血管が少ない生え際には栄養が行き届きにくいのです。

結果、生え際は栄養不足に陥りやすく、薄毛が進行してしまいます。

生え際は皮膚が固くなりやすい

「生え際の皮膚が固くなりやすい」ことも理由の1つです。

前頭部は顔の皮膚に近い場所に位置しており、表情の変化による影響を常に受けています。そのため、表情が緊張することで生え際の皮膚も固くなりやすく、血行を悪化させます。

ただでさえ血管が少ない生え際の血行が悪くなることにより、余計に栄養不足を招きやすいのです。

前頭部は5αリダクターゼが多い

AGAが男性に多く見られる最大の原因は「5αリダクターゼ」の存在が大きな要因です。

AGAの原因物質として知られている「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンは、その生成に5αリダクターゼという酵素が関係しています。

特にジヒドロテストステロンの生成に関係するタイプの酵素は前頭部から頭頂部にかけて多く存在しており、生え際には頭頂部の2倍の5αリダクターゼが存在しているとされているのです。

AGA治療で生え際の後退は改善できるのか?

本題の「AGA治療は生え際の後退を改善できるのか?」について解説します。

生え際後退改善の実績はある

AGA治療によって生え際の後退が改善するかどうかには、どうしても個人差があります。

しかし、実際に今までにAGA治療を受け続けたことによって、生え際の後退が改善したという人も少なくありません。

AGA治療を取り扱っているクリニックのホームページで、利用者の写真が掲載されていればチェックしてみてください。AGA治療によって生え際の後退が改善されたという事例が多く掲載されています。

服薬治療が中心となりますが、注射薬を利用するなどのより積極的な治療法によって効果を得ている方も多いです。

植毛という選択肢もある

生え際の後退から時間が経過しすぎている場合、すでに発毛する力が残されていない可能性もあります。そういった場合はAGA治療による効果はあまり期待できません。

その場合は「植毛」という選択肢もあります。

しかし、植毛を広範囲に行うと高額な費用が掛かります。

生え際の後退からあまり時間が経過していなければAGA治療薬を使った方法で十分な効果を期待できる可能性が高くなりますので、早目に治療開始を決断することをおすすめします。

まとめ

AGA治療によって生え際の後退を改善できるかどうかは、その人の頭皮の状態次第という面が強いです。

早めにAGA治療を開始すればAGA改善の高い効果が期待できますから、早目に育毛専門のクリニックに相談することをおすすめします。

トップ