トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 男性がAGA治療薬プロペシアを使うと副作用でEDになる?

男性がAGA治療薬プロペシアを使うと副作用でEDになる?


薬を使った治療法などには、病気や症状の改善効果というプラスの作用だけでなく、マイナスの作用として「副作用」が発生することもあります。

もし、AGA治療を受けることでAGAを改善できても、男性にとって重要な機能に問題が生じるとすれば無視できないデメリットとなるでしょう。

そこで、AGA治療における男性機能への副作用について解説します。

AGA治療と男性機能への影響

AGA治療は薄毛を改善する治療であり、そもそもなぜ男性機能への副作用が危惧されているのか見当がつかないという人も多いでしょう。

しかし、薄毛治療のために使用される「ある薬」の存在が、男性機能に対して少なからず影響する可能性があるのです。

プロペシア(フィナステリド)の問題

「ある薬」とは「プロペシア(フィナステリド)」です。

プロペシアはAGAの原因である男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の生成を抑制する作用があります。

要するにプロペシアを服用することによって男性ホルモンの生成が抑制されるため、男性ホルモンの働きに強い影響を受ける男性機能にも少なからず影響を及ぼすということなのです。

AGA治療における男性機能への問題の発生率は1%未満です!

多くの男性が気になっているのは、おそらく「どれくらいの確立でAGA治療は男性機能に問題を及ぼすのか?」ということだと思います。

もし、高い確率で男性機能に問題を生じさせるとすれば、AGAを治療する代わりに男性機能を犠牲にしなければならないという考え方になってしまいます。

安心していただきたいのは、プロペシアを服用することによる男性機能への悪影響の発生率は、きわめて小さいということです。

臨床では、プロペシアによるEDの発生率は1%未満だとされています。

AGA治療で男性機能に影響を受けないためには?


確立は極めて低いとはいえ、発症する確率はゼロというわけではありません。少しでもリスクを減らすためには、いくつか注意したいポイントがあります。

信頼できる医療機関・医師に処方してもらう

処方医薬品の入手経路としては「医師に処方してもらう」ほかにも「個人輸入で購入する」という方法もあります。個人輸入にもメリットはあるのですが、安全性の面ではデメリットが大きいです。

安全な薬を利用するためには、信頼できる医療機関で、信頼できる医師から処方してもらうのが一番です。

用法用量を守る

いくら安全な薬を安全な方法で入手しても、それを間違った方法で使用すれば正しく薬は作用してくれません。

副作用のリスクを最小限に抑えるためには、担当医に指示されたとおりに薬を服用しなければなりません。

副作用が現れたら早目に担当医に相談する

AGA治療には男性機能への悪影響の他にも、薬の種類によって異なる副作用の発生リスクがあります。

処方された薬を飲んで体調に異常を感じたら、早目に担当医に相談し、今後の治療方針について検討しましょう。

まとめ

AGA治療を受けることで男性機能への悪影響のリスクはゼロになることはありません。

しかし、発生率は極めて低く、薬をやめれば男性機能への悪影響も収まることがほとんどです。

まずは信頼できる医師を見つけて、副作用やその他の不安について相談し、納得した上で治療を開始することが必要です。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ