トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • AGA治療には副作用が!どんな副作用があるのか解説します。

AGA治療には副作用が!どんな副作用があるのか解説します。


さまざまな病気の治療法が確立していますが、その際にはマイナスの効果として「副作用」が発生することがあります。

AGA治療においても、実は副作用のリスクが存在することをご存知でしょうか。

こちらでは、AGA治療にはどのような副作用があるのかについて解説します。

AGA治療にはどんな副作用があるの?

AGA治療においては「医薬品」を使用するケースが多いので、この薬の影響によって副作用が発生します。

ひとくちにAGA治療といってもさまざまな種類があり、使用する薬によって発生する副作用の症状は大きく異なります。

この記事では、AGA治療で使用されることが多い代表的な2つの薬「ミノキシジル」と「フィナステリド」の副作用について解説します。

AGA治療のミノキシジルの副作用

「ミノキシジル」は、血管拡張作用によって発毛効果が期待できることがわかっています。育毛剤にも使用される成分なのですが、AGA治療において以下の副作用のリスクがあります。

・頭皮の炎症
・頭皮のかゆみ
・血圧低下
・頭痛
・めまい
・むくみ
・体重の増加

AGA治療のフィナステリドの副作用

「フィナステリド」は、AGAの原因である「ジヒドロテストステロン」の生成を抑制する効果が期待されています。AGA治療においても重要な成分なのですが、以下の副作用のリスクがあります。

・下痢
・腹痛
・頭痛
・抑うつ症状
・食欲の減退
・性欲の減退
・勃起不全

AGA治療の副作用のリスクを減らすには?


AGA治療を受けるとしても、できるだけ副作用のリスクは減らしたいところですよね。

そこで、AGA治療における副作用発生のリスクを減らす方法をご紹介します。

個人輸入はおすすめできない

医薬品を手軽に購入する方法として「個人輸入」という方法が知られています。AGA治療に用いられる薬も扱っていることがあるのですが、これはあまりおすすめできません。

なぜなら、個人輸入では以下のリスクが発生するからです。

・正しい用法用量が把握できない可能性がある
・安全な薬かどうか疑わしい
・代金を支払っても薬が届かない可能性がある

仮に安くAGA治療薬を購入できるとしても、これらのリスクを無視することはできません。

信頼できる医師の処方を受ける

どのようにしてAGA治療薬を入手すべきかといえば、やはり「信頼できる医師の処方を受ける」ことです。信頼できる医師であれば、正しい用法容量で、安全なAGA治療薬を入手できます。

正しい用法用量を知ることによって、副作用のリスクを抑えることができますし、代金を支払ったのに商品がいつまでたっても届かないというようなトラブルに巻き込まれてしまう心配もありません。

まとめ

AGA治療において、常に副作用が発生するというわけではないものの、さまざまな症状が発生するリスクはゼロではないということを理解しておく必要があります。

AGA治療の副作用のリスクを少しでも減らすためには、副作用の内容と治療薬の正しい使い方を知る必要があります。

担当医からの説明をしっかりと聞き、不明な点は確認、納得してから治療を受けるようにしてくださいね。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ