トピックスtopics

AGA治療って本当に効果はあるの?副作用は危険?


男性にとって「AGA」は無視できない問題です。

すでにAGAに悩んでいる人、AGAの兆候が見られる人にとってAGA治療は興味のある治療法だと言えるでしょう。

しかし、AGA治療の効果について知らないと、治療開始に踏み切れないのではないでしょうか。

そこで、AGA治療の効果について解説します。

AGA治療の効果とは?


それではまず、AGA治療の効果について詳しく解説しますね。

AGA治療で得られる効果

結論から述べると、AGA治療で得られる効果には個人差も大きいです。

しかし、多くの人がAGA治療によって薄毛改善にプラスの影響を受けている実績があります。

AGA治療では、以下のような効果が期待できます。

・頭髪が太くなる
・頭髪が生える速度が早くなる
・毛量が増加する

AGA治療の効果を知るには「写真」が一番

AGA治療を受けたい人は「薄毛」にお悩みのはずです。

ということは「いかに薄毛を解消できるのか?」「どれくらい薄毛から脱却できるのか?」といった点が気になると思います。この点については、写真を見るのが一番です。

AGA治療を扱っているクリニックの中には、AGA治療を受けた患者さんの写真を掲載しているところもあります。

ほとんどの場合、「治療前」と「治療後」(これに「治療中」が加わる場合もある)の患者さんの頭髪の写真が掲載されており、AGA治療によってどのような効果(結果)を得られたのかが一目瞭然となっています。

AGA治療による効果には「副作用」もある?

AGA治療は効果が良さそうなのでぜひ試してみたいけれど、副作用はどうなの?と、気になる方も多いことでしょう。

そこで、副作用について確認してみたところ、やはり、副作用が発生することがあるとのことです。

なぜ副作用が現れる?

AGA治療には「薬」を使います。

例えば「ミノキシジル」には発毛を促す効果が期待されていますが、外用薬だと「頭皮の発疹」や「かゆみ」などの副作用が、内服薬だと「発熱」や「吐き気」といった副作用が発生する可能性があります。

他にも「フィナステリド」や「デュタステリド」には性欲減退などの副作用が発生する可能性があります。

稀とはいえリスクはゼロではない

必ずしも副作用は発生するというわけではありませんが、発生する可能性は十分にあると考えておく必要があります。

この点についてはAGA治療の担当医からきちんと説明があるはずなので、効果や副作用など不明な点はその時にきちんと確認しておきましょう。

まとめ

AGA治療の効果は個人差があるものの、早目に治療を開始すれば相応の薄毛改善効果を期待できるといえます。

同時に、使用する薬の性質上どうしても副作用のリスクをゼロにすることはできません。

効果と副作用をしっかりと理解して、AGA治療を受けるかどうかを決めてくださいね。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ