トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • マリオネットラインの原因と消し方は?顔の筋トレで予防?

マリオネットラインの原因と消し方は?顔の筋トレで予防?

マリオネットラインの原因と消し方は?顔のどこを筋トレすれば予防になる?

マリオネットラインとは、唇の両サイドからアゴに向かって縦に線が入る症例です。

この縦の線が入ると、見た目年齢を上げてしまう要因となりますので、できればケアをしていきたいところです。

年だから仕方がない、と妥協してしまうと、次第に線が深く刻まれて悪化してしまいます。

数年後には、取り返しのつかないことになってしまっているかもしれません。

ここでは、このマリオネットラインができる原因と消し方、顔筋の筋トレによる予防法、美容クリニックでヒアルロン酸を使った治療法や再生医療での治療法などに関して、詳しい情報をご紹介していきます。

マリオネットラインができる原因とは?

マリオネットラインの溝は、加齢とともに目立つようになり、40~50代になると、メイクをしていても溝が見るだけで分かってしまうくらいになります。パッと見て溝が目立つのは、50代後半くらいからですが、これは日々のスキンケアや肌質によって、溝の目立ち具合に差がでてくるのです。生活習慣などによっては、若い女性にもマリオネットが現れることも少なくないのです。

では、マリオネットラインができてしまう原因について理解していきましょう。

マリオネットラインができる主な原因には、以下の3つがあることを理解しておきましょう。

1.口角下制筋の萎縮・硬化

2.広頸筋の衰退

3.表情筋の衰退

などの要因が考えられるのです。では、それぞれの詳しい原因について解説してきたいと思います。

口角下制筋の萎縮・硬化

口角が下がっている方は、「口角下制筋」という筋肉が発達しているケースが多いようです。

「口角下制筋」とは、下唇の両端から下方向に扇状に広がる「口角を下に引き下げる働きをする」筋肉

(表情筋の1つ)になります

加齢とともに、口角下制筋が硬くなってくると、口角が上がらずに下がった状態が続くようになってしまうのです。

また、頬の筋肉がたるんでしまうことにより、頬の脂肪の重みに筋肉が耐えることができなくなり、口周辺の筋肉をも押し下げてしまうのです。そのため、頬につながる筋肉と、口角から下に伸びている筋肉の境界線に溝ができてしまいます。

広頸筋の衰退

広頚筋(こうけいきん)とは、頸部にある筋肉の1つであり、あごにある咬筋、鎖骨周辺の胸筋筋膜をつないでいる首周辺の筋肉のことで、首の前側にある筋肉になります。首の表面にシワを関連する筋膜を緊張させて、口角を下方に引く働きをもっているのです。この筋肉が衰退することによって、これまで支えられていた頬の脂肪や、皮膚がたるんでしまうのです。

表情筋の衰退

表情筋、筋膜、脂肪は頬の皮膚の下に存在しています。ところが、表情筋、筋膜が衰退していくことによって、皮膚や脂肪を支える力が弱くなり、皮膚にたるみが生じてしまいます。

マリオネットラインが起こる理由は、この中のどれかかまたは、複数の症状が重なりあって起こってしまいます。

頬が弛むと、脂肪が口角下制筋に重なって1本のラインができるように、マリオネットラインというのは、ただのシワではなくて、たるんだ頬の脂肪によってできたくぼみにあたるのです。

 マリオネットラインの消し方(顔筋トレによる方法)

頬の筋肉と口周辺の筋肉を鍛えてあげることによって、マリオネットラインは予防することもできます。しかし、鍛えにくい筋肉になるので、専用のストレッチや筋トレが必要となってくるのです。では実際に、マリオネットラインを顔の筋トレによって解消する方法を、ここで紹介していきます。

マリオネットライン解消~顔筋トレの方法

口輪筋をトレーニング

1.まず両手を、鼻の下や鼻の脇から伸びているほうれい線の上に置くようにして口輪筋全体を覆うようにします。
2.口輪筋に置いた指の腹を使いながら、グルグルと時計回りに10回、反時計回りに10回とまわします。
このトレーニングは、朝と夜の2回行うのが良いでしょう。行うタイミングは、洗顔後や入浴後がお勧めになります。

表情筋をトレーニング

「あ~、い~、う~、え~、お~」と声に出して一呼吸ずつ、鏡を見ながら左右の口のバランスを確認しながら行います。あいうえおの1文字1文字を区切るのではなく、スローモーションのように、ゆっくりと口を動かすのがポイントになります。そして顔の筋肉を気持ち良く上下左右にストレッチできている感覚を都度確かめながら行います。

舌を回すトレーニング

舌を、歯と口唇の間に入れて、舌で皮膚をグッと押すようにしながら、8カウント(8秒)で舌をぐるりと皮膚に沿って周りします。

1周したら、今度は反対側に回しましょう。舌がマリオネットラインの部分にきたら、力強く舌を皮膚側に押し出してみましょう。実はこのトレーニングは、ほうれい線にも効果があるといわれているのです。

ペットボトルを使ったトレーニング

1.まずは空の500mlのペットボトルを用意して、口を「お」の形にします。

2.ペットボトルを、手や歯を使わずに「唇」でくわえて持ち上げることが、ポイントです。

3.口が「お」の形のままで、ペットボトルを加えながらゆっくり10秒数えます。

このとき歯を使わずに、唇のみを使って行うようにするのがポイントになります。慣れてきたら、ペットボトルに水を入れて、重さを調整してトライしてみましょう。

これを3回繰り返すのを1セットとし、朝晩それぞれ1セットずつ行うことで効果がでてくるでしょう。

広頚筋をトレーニング

ここの筋肉が緩むと、この筋肉とつながっている筋肉、皮膚、脂肪も一緒に緩んで下がってしまうため、マリオネットラインの改善にはとても大切な筋肉になります。

1.まず姿勢を正して、正面を向きます。座っていても出来ます。

2.5秒くらいかけ、ゆっくり真上を向きます。

3.上を向いたまま、下唇を突き出しそのままの状態を5秒間キープします。

4.追加で、上唇も突き出し5秒間キープします。

5.頭をゆっくり左に傾けます。

6.反対側(右)に傾けます。

7.5秒かけて、ゆっくりと正面に戻します。

口角下制筋トレーニング

ここの筋肉は鍛えるというよりも、ほぐしたり、緩めるためのトレーニング方法となります。

1.口角に人差し指と中指を当てます。

2.当てた指を口角で左右に、軽くゆらすようにマッサージします。

3.少しずつ、顎の方へ優しくマッサージしながら移動させます。

ここで紹介した、マリオネットラインに深く関わる筋トレに加えて、表情筋をバランスよく鍛えることも、マリオネットラインの予防や改善、また顔全体のリフトアップへとつながります。ぜひ参考にしながら行ってみてください。

マリオネットラインの消し方(ヒアルロン酸による治療方法)

肌をふっくらとさせて、マリオネットラインを早く目立たなくさせる方法に、美容クリニックでのヒアルロン酸を注入する治療法があることもご存知でしょうか。

そこでここでは、マリオネットライン解消にとても効果的な、ヒアルロン酸注射による施術を詳しくご紹介していきます。

ヒアルロン酸とは、体内で生成されて、肌にうるおいを保たせる成分となります。このヒアルロン酸には、高い保水力があり、1gで最大6ℓもの水を保持することができるのです。いつまでも若々しく瑞々しい肌を維持するためには、ヒアルロン酸は不可欠な成分ではありますが、体内のヒアルロン酸は、加齢とともに徐々に量が少なくなっていくのです。そこで、ヒアルロン酸を外から補う必要がでてくるのですが、ヒアルロン酸入りの化粧品やサプリメントでは、そもそもの分子が大きいために、肌の奥組織(真皮)までヒアルロン酸を届けることができないのです。

そのために、美容クリニックで、注射によるヒアルロン酸を注入する方法があります。ヒアルロン酸には様々な薬剤があり、肌の状態に合わせて、医師が種類を選択します。気になる肌部分に注入されたヒアルロン酸の持ちですが、数ヶ月~数年で肌に吸収されて、なくなっていきます。

マリオネットラインの消し方(再生医療による治療方法)

ヒアルロン酸注射によって、体に人工物を入れると言うことは、それなりに人によっては副作用が起きる場合があり得るのです。中には、効果をより長い期間持続させるための成分が含まれている薬剤もあるために、その成分によってはアレルギー反応などの副作用が起こる場合もあるのです。

そこで、“再生医療”も、治療方法の1つとして考えてみてはいかがでしょうか?
自分の脂肪や血を用いた治療法であれば副作用の心配はほぼなく、個人差はありますが、効果の持続期間も人工物よりは長いのも特徴の1つになります。また、肌の再生医療による治療は、自分自身の細胞を培養し移植する治療になるために、副作用のリスクが低い治療法になるのです。

肌の再生医療(肌細胞補充療法)とは、自身から採取した肌細胞を約10,000倍に培養したものを、シワやたるみなど老化の症状が気になる箇所に移植していく、という治療になります。肌の働きそのものを蘇らせ、老化症状を根本から改善してくれるのです。
では、肌の再生医療とは一体どういった治療なのかをここで詳しくご紹介いたします。

肌の再生医療は、少なくなった肌細胞を移植して増やすことによって、老化症状を直接治すのではなく、老化症状が起こる前の、“肌本来の状態に戻す”治療となるのです。
老化症状が進行してしまった肌に、この肌細胞が増えることにより、再びコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンなどを生成して、コントロールする機能も戻るので、肌そのものが若返ることになるのです。

その結果、肌のハリやシワの改善などの若返り効果はもちろんのこと、老化の進行をも抑えられる、という働きがあるのです。
肌細胞を増やして、肌を改善させていく治療方法は、肌の再生医療以外にはありません。

肌の再生医療には、以下の3つの効果があります。

1.肌細胞を増やすことによって、肌が根元から若返っていきます。

年齢とともに減少する肌細胞の数を補充し、肌の働きそのものを蘇らせていくので、肌にハリや潤いが戻ってきて、加齢によるシワやたるみも改善するのです。肌の再生医療の治療効果は、すべて自分の肌細胞の力によるものなので、急激な改善や変化はありません。移植した、肌細胞の働きによって、徐々に肌質が改善していき、時間をかけてシワやたるみなどの老化症状の改善が進んでいくようになっているのです。

2.肌組織が新しくなるため、老化の進行を抑えることができます。

3.移植された肌細胞は、自分の肌細胞としてそのまま定着してくれるために、活動(コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成とメンテナンス)が始まります。また、肌細胞の量が増えることによって、肌の働きが改善され、老化の進行を遅らせることもできるのです。

肌の再生医療では、肌細胞を移植して増やしてくれる。

肌細胞を移植したあとは、定着してくれた肌細胞が、肌のメンテナンス活動をスタートしはじめ、肌本来が持っている力で老化による症状の改善をしていく治療なので、肌の再生医療の治療効果の出現は、他の美容医療に比べると、非常にゆっくりとしたものになります。
肌細胞が定着してくれて、肌が元気を取り戻すまで約1ヶ月以上かかり、長い方ですと、半年ほどの時間が必要な場合もあるのです。

美容整形や美容皮膚科で行われている治療は、体に人工的な要素を加えることで効果を得たり、細胞に刺激を与えて効果を得る治療が多いようです。肌の再生医療は、使用するのが自分の肌細胞となるので、より自然体に近い方法での治療が可能となるのです。

まとめ

いかがでしたか。
マリオネットラインは、肌・筋肉老化や生活習慣などが原因で作られます。

対策の基本となるのは、口周りの筋肉を鍛えることや、肌にハリと潤いを与えてあげたり、自分に合った適切な治療をしていくことになります。

一度シワが深くなってしまうと、改善に時間や費用がかかるため、少しでも気になる場合は、早めにマリオネットライン対策をしてみましょう。

 

10年前の写真をふと見たときに、
今の肌との違いにビックリしたことは
ありませんか?

あの頃の肌へ戻る…それは女性にとって夢のようなお話です。それを叶える魔法のようなお肌の再生医療で、夢を現実に!気になる方は当院へご相談下さい。

トップ