トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • ゴルゴ線の原因とゴルゴラインを改善・消す方法・治し方

ゴルゴ線の原因とゴルゴラインを改善・消す方法・治し方

ゴルゴライン(ゴルゴ線)の原因とゴルゴ線を消す方法・改善・治し方

実年齢より老けて見られる…

ふと昔の写真と今の自分の写真を見比べてみたらあまりに顔が変わっていてビックリした…

同年代のお友達よりもずっと自分の顔は老けて見える気がする…

ほうれい線やシワには気をつけているのにも関わらず自分の顔が老けて見える…

マスクをしても隠せない目の下のラインが気になる…

その老け顔の正体はゴルゴ線のせいかもしれません!!

今回は、老け顔の原因となるゴルゴ線とは何か?ゴルゴ線が出来る原因は何か?ゴルゴ線を消して老け顔を改善する方法や治す方法についてご説明します。

そもそもゴルゴ線とは何なのでしょうか?

美容業界で使われている用語に「ゴルゴライン」というものがあります。

それこそまさにゴルゴ線なのですが、こちらは正式名称は「ミッドチークライン」と呼ばれています。

これは、目の下から頬の中心を斜めに走るラインのことです。

ゴルゴ線という名前の由来となっている、さいとう・たかをさんの作品である「ゴルゴ13」の主人公の顔にくっきり刻まれた目の下から頬の中心にかけてのラインを想像していただくと分かりやすいかと思います。

このゴルゴ線、こちらはシワとは異なるということはご存知でしょうか?

ゴルゴ線(ゴルゴライン)は皮膚・表情筋が緩み、皮下組織の減少、皮下脂肪の下垂し、頰がくぼむことにより出来るものです。

ゴルゴ線というと、何だかその名前の由来からして男性に出来るものというイメージを持たれる方もいらっしゃるかと思いますが、男女共にできる可能性があります。

ゴルゴ線が出来る原因は何なのでしょうか?

ゴルゴ線(ゴルゴライン)はほうれい線と同様に年齢を重ねるほどに深くなっていく傾向があります。

ゴルゴ線(ゴルゴライン)が出来る原因は主に3つあります。

1つは眼輪筋という目の周りの筋肉が加齢により垂れ下がり、頬に落ちていく形でラインが出来ていきます。

このケースでは同時に目の下のシワも一緒に出来ることも多いです。

2つ目は頬の筋肉の老化と脂肪の減少によるものです。

加齢に伴い、顔の脂肪が減り、筋肉の筋がくぼみとなってあらわれ、そのくぼみに沿ってラインが出来るケースです。

3つ目はお肌の水分保持能力の低下によるものです。

加齢と共に、お肌の水分保持能力が低下して、お肌のたるみが原因でラインが出来るケースです。

しかし、年齢を重ねた人が全てゴルゴ線(ゴルゴライン)が出来るということもありません。

これは、皮脂の分布や骨格などの個人差があるからです。

例えば頬の骨が平べったい形をしている場合はゴルゴ線(ゴルゴライン)が多く見られますが、頬の骨が突出している場合はゴルゴ線(ゴルゴライン)が見られにくい傾向があります。

また、生活習慣や遺伝、環境要因によってもゴルゴ線(ゴルゴライン)の原因は変わってきます。

例えばパソコンやスマートフォンなど近いところでものを見たり字を読んだりする傾向のある人は無意識のうちに目が疲れてしまい、表情をつくることをせずに周囲の筋肉が衰える生活習慣を行なっていたりすることもあります。

姿勢の悪さや長時間同じ姿勢でのテレビやスマートフォンやタブレットでの動画の視聴も目元の血行を悪化させるため、ゴルゴ線(ゴルゴライン)が出来る原因になっていたりもします。

ゴルゴ線(ゴルゴライン)の出来やすい傾向がある人は、目元の脂肪が少ない・クマが出来やすい・目が大きい・パソコンやスマートフォンやタブレットをよく見るなどの場合が挙げられます。

ゴルゴ線対策には何をしたらいいのでしょう?

ゴルゴ線(ゴルゴライン)が出来る原因として表情筋の衰えがありすので、まずは表情筋を衰えさせないことが大切です。

ゴルゴ線(ゴルゴライン)が出来ないようにするためには以下のような方法が挙げられます。

UVカットと保湿

紫外線をカットして、しっかりとお肌を保湿してあげましょう。

メイク前とメイクを落とした後にしっかり保湿をし、毎日日焼け止めで紫外線カットをすることです。

よく笑うこと

表情筋を使うのに笑うのは効果的です。

よく笑うことはアンチエイジング(老化防止)にも最適な方法なのです。

笑いジワなどを気にせずに笑うことか、シワ自体の解消にも繋がります。

目元を温める

蒸しタオルなどで目元を温めることにより、血行が良くなり、疲れ目に効果的です。

まばたきの回数を多くする

20分おきに遠くを20秒みつめながら、20回連続でまばたきをします。

パソコンやスマートフォンの画面や文字を長時間見ていた疲れ目に効果的です。

既に出来てしまったゴルゴ線を消すにはどうしたら良いでしょうか?ゴルゴ線を改善する方法はどんなものがあるのでしょうか?

まずは自宅でお手軽に出来るマッサージがあります。

やり方は簡単です。

マッサージは入浴中に行うことで身体が温まって筋肉が緩みやすくなっていますので効果を高めることが出来ます。

①デコルテの鎖骨のラインに沿って、中指と薬指でくるくる回しながら優しく押します。

②そのまま手を脇の方まで移動して、鎖骨と腕の付け根辺りにある鎖骨の端に親指を置いてくるくる回します。

③目頭→鼻の横→小鼻の横などを指で指圧をします。

④頬骨下の筋肉をマッサージしてほぐします。

⑤親指と人差し指と中指で上下に動かします。

⑥指を動かさず、耳の方に向けて伸ばすような感じにします。

これで終わりととても簡単ではありますが、残念ながら即効性はありません。

効果としてもマッサージだけではやはりスッキリするような効果を得るのは難しい部分があります。

もっとスッキリするような効果を得たいならば美容クリニックでの施術という方法があります。

ゴルゴ線を治すウルトラVリフトとは何でしょう?

美容クリニックでの施術は主に3種類あり、そのうちの1つがウルトラVリフトというものになります。

別名リードファインリフト、ショッピングスレッドともいいます。

ウルトラVリフトはPDSという心臓外科などで使われる縫合用の溶ける糸をお肌の内部に埋め込み、たるみを引き上げるものです。

挿入した糸で皮膚を引き上げるだけでなく、挿入した糸の周りに組織修復が働きますので、皮膚組織の血流循環の改善、コラーゲンの生成、お肌の再生を促進するので、お肌の弾力、お肌の色、毛穴の引き締め、肌質改善を行いたるみにくいお肌になります。

リフトアップ効果は糸が溶ける8ヶ月〜12ヶ月持続します。

施術時間はおおよそ30分程度です。

即効性もあり、更にダウンタイムも短く、効果も長続きするのが良いところです。

ゴルゴ線を治すスマイルリフトとは何でしょうか?

こちらも美容クリニックでの施術のうちの1つになります。

スマイルリフトとは、口の中からレーザーを照射し、口腔粘膜や表情筋に熱効果を与えることにより、引き締め・リフトアップをする施術になります。

スマイルリフトの効果は口の周りの表情筋に作用します。

ゴルゴ線(ゴルゴライン)だけでなくほうれい線やマリオネットラインの改善にも効果があります。

3〜4週間に1回をシワの具合によって3回〜5回施術を行えば、効果は半年〜1年といわれています。

頰の筋肉を引き締めつつ、自然な形でたるみが改善されていくのが特徴です。

ゴルゴ線を治すヒアルロン酸注入とは何でしょうか?

こちらも美容クリニックで行われる施術の1つになります。

ヒアルロン酸注入とは、シワになっている部分にヒアルロン酸を注入し、お肌を下から持ち上げることによりシワを目立たなくする施術です。

ヒアルロン酸は元々人の体内に存在している物質です。体内では、コラーゲン組織の保持や肌組織の水分・潤滑性・柔軟性の保持などの役割があります。

ゴルゴ線(ゴルゴライン)のヒアルロン酸注入ではヒアルロン酸を注入することにより頬にボリュームを出して、ゴルゴ線(ゴルゴライン)を浅くします。

まずは1回につき両側で1〜3cc程度の量を注入し、様子を見て、必要に応じて追加注入することがオススメです。

ゴルゴ線(ゴルゴライン)の深く目立っている人は、靭帯が強く発達しており、子供の頃からゴルゴ線(ゴルゴライン)がある場合が多く、相当量のヒアルロン酸を注入しなければ完全に消すことは難しいです。

ヒアルロン酸の特徴は、注入後少しずつ代謝され、数ヶ月〜十数ヶ月かけて体内に吸収されることです。

半永久的に効果が持続するものではありませんが、コラーゲンに比べてアレルギーが起こりにくく、分子量や水分を取り込む力が大きいので、皮膚内に長く留まるメリットがあります。

半年に1回程度の注入を繰り返すことにより効果が持続しやすくなります。

施術にかかる時間はおおよそ片側5分程度になります。

注入後すぐにメイクをする事も可能です。

傷跡は注射の針跡のみになりますが、1週間程度注射の跡が消えない場合もあります。

また、ごく稀に注射を刺した場所に内出血が発生することがありますが、メイクで隠せる程度のものです。

ゴルゴ線を治すために再生医療の選択もあります

ゴルゴ線(ゴルゴライン)を治す再生医療に、セルーションというものがあります。

セルーションとは、自分の体内から脂肪を採取し、その中から特別な機器を使って脂肪組織由来幹細胞を抽出し、顔のくぼみやシワなどに注入して肌を若返らせる方法です。

再生医療を受けると、顔全体の印象を若返らせることができ、非常に高い効果が得られます。

また、仕上がりも自然であり、自分の細胞を使用するのでアレルギーも起こりにくいため、、人気のある治療法になります。

自分の脂肪を使用した再生医療の効果の持続期間はなんと最低でも10年ととても長く効果が持続します。

再生医療にはもう1つあり、こちらはご自身の血液を使うものです。

ご自身の血液から抽出され多血小板血漿と白血球を注入したり、更にそれに成長因子を添加したものを注入する方法です。

こちらは効果が出るまでに個人差により注入直後から効果が出る方と2ヶ月程度かかる方がいらっしゃいます。

効果の持続時間は約1〜3年と、こちらも他の治療法に比べて長い期間効果が持続します。

ダウンタイムもありませんし、自分の血液を使用するので、アレルギー反応も起こりにくい事が特徴になります。

年に何度も美容クリニックに通院する時間がなかったり、より安全性の高い方法を選びたいような場合は再生医療による治療がオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ゴルゴ線(ゴルゴライン)は男性だけが出来るようなイメージが多いかと思いますが、男女問わず出来ます。

環境や遺伝、生活習慣によってもゴルゴ線(ゴルゴライン)が出来やすくなってしまいますので、まだゴルゴ線(ゴルゴライン)が出来ていなかったり、出来ていたとしても分かるか分からない程度のものでしたら、生活習慣を見直し、表情筋などの顔の筋肉が衰えないようによく笑ったり表情を作るようにしたり予防をすることが大切です。

既にゴルゴ線(ゴルゴライン)が出来てしまって気になるという方は、様々な治療法がありますので、ご自身のご希望に合った方法を選択して、ゴルゴ線(ゴルゴライン)を消す治療を行っていくと良いです。

若々しいお顔の大敵であるゴルゴ線(ゴルゴライン)を消して、いつまでも若々しくハリのあるお肌作りをしていきましょう。

10年前の写真をふと見たときに、
今の肌との違いにビックリしたことは
ありませんか?

あの頃の肌へ戻る…それは女性にとって夢のようなお話です。それを叶える魔法のようなお肌の再生医療で、夢を現実に!気になる方は当院へご相談下さい。

トップ