トピックスtopics

AGA・薄毛やはげ:テストステロンが原因か?

AGA・薄毛やはげ:テストステロンが原因か?

「薄毛・はげ」の言葉で説明するAGAには男性ホルモンが原因だと紹介されています。

男性ホルモンの一つでもある「テストステロン」は5αリダクターゼ酵素と結合することから、強力な男性ホルモン(ジヒドロテストステロン・DHT)を分泌させています。

さらに「アンドロゲンレセプターと結合した」結果があって脱毛因子を作り上げています。

AGAの脱毛症は「酵素とレセプター(受容体)」2つの結合段階があって脱毛因子をつくります。

今回はAGAの原因で説明されることが多い「男性ホルモン(テストステロン)」について、よりわかりやすく解説していきたいと思います。

テストステロンは「結合を繰り返して起こる」変化後に問題!

男性ホルモンであるテストステロンは睾丸から作られています。

下記の表のように、男性には欠かすことができないホルモンといえます。

テストステロンの働き

骨格・筋肉 声帯 生殖機能 性欲 精子 やる気や行動力

主な働きをする作用は、みなさんもご存知かもしれません。

冒頭でお伝えした、テストステロンの機能を強く働きかけるためには、テストステロンと結合しやすい5αリダクターゼ酵素と結合することでジヒドロテストステロンをつくります。

さらに、男性として充実させていくホルモンとしては、とても有効だと言えますよね。

・テストステロンとジヒドロテストステロンの主なちがい

テストステロン ジヒドロテストステロン
性欲・やる気・行動力 生殖器官の発達・前立腺の形成・筋肉の増強

*テストステロンの補助作用がジヒドロテストステロンにはあります。

主に、上記の表にあるように、脳の働きと体の部分的な形成や増強にちがいがあります。

ただ、この機能だけを働かせていれば問題は起こらないか?というと、そうでもありません。

前立腺肥大症の原因を作り出したり、酵素からレセプターへと結合を繰り返しAGAである脱毛症を発症させる脱毛因子を作り出したりと、体の異常や毛髪に変化をもたらすことがあるので困ってくるわけです。

結果、AGAの原因はテストステロンだと説明されている元は、テストステロンが問題になる原点であっても、単体であれば問題を起こすことはないホルモンだといえるのです。

まちがえている?!AGAの原因はレセプターにある!

AGAの問題では、男性ホルモンを中心に説明することが多くあります。

脱毛原因となる物質には「5αリダクターゼ1型2型の還元酵素」もありますし、アンドロゲンレセプターに原因があるともいえるのです。

・アンドロゲン受容体 細胞内にあるタンパク質の一種
ジヒドロテストステロンと結合すると脱毛因子を作る

*アンドロゲン=男性ホルモン 受容体=レセプター

図1 テストステロンからAGA脱毛因子に変化するまで

図1 テストステロンからAGA脱毛因子に変化するまで

上記の図のように、結合を繰り返しながら脱毛因子をつくる構造です。

どうですか?上記の図をみていると、テストステロンが悪いとは感じませんよね。

青丸 テストステロン 体に必要なホルモンと酵素
赤とげ星 アンドロゲンレセプター 母親から受け継がれる受容体

アンドロゲンレセプター:受け継がれるDNA情報は気になる存在!

上記の図をみていると、アンドロゲンレセプターの働きや作用が気になると思います。

*アンドロゲン=男性ホルモンの総称 受容体=レセプター

AGAが発症するおおまかな脱毛原因を理解していたつもりでも、アンドロゲンレセプターがAGAに作用すると気づく人は少ないのが現状でしょう。

アンドロゲンレセプターをレセプターと略して説明します。

★アンドロゲンレセプターと働き
・細胞内にある「たんぱく質の一種」
・変換する仕組みをもつ構造
・ホルモンと結合すると細胞核内でDNAの転写を調節する働きをもつ
このレセプターがDNAの転写機能によって薄毛の情報をもったレセプターが受け継がれているのです。

隔世遺伝もありますから、必ず薄毛になるとも限らないわけです。

母親から受け継がれるレセプターとは?

AGAは遺伝があるといわれる、レセプターが関係していることです。

「父親がもつY染色体・母親がもつX染色体」2つの染色体があります。

男性が受け継ぐ染色体には、母親が持つX染色体「母方から受け継がれている遺伝子」が影響しています。

さらに、レセプターの「感受性が高い遺伝子情報を持っていた」母親のX染色体を受け継いだ男子には、AGAになりやすいのです。

図2 下記の図を見てみましょう

母の父親や

兄弟

ハゲや薄毛の場合 母の父親から「感受性の高いレセプター」受け継がれている
父親の兄弟に薄毛やハゲの人がいた場合 母の父親がハゲていなくても、兄弟に薄毛やハゲの人がいる場合、受け継がれている
「受け継いでいても感受性が低い」「隔世をしていて受け継いでいない」場合ハゲでも薄毛でも受け継がれない・隔世をしている場合もある

上記の図を見ると、よりわかりやすいかと思います。

みなさんも、父親の頭皮や毛髪をみて自分を判断していると思いますが、実は母親の父であるおじいちゃんや兄弟の人の頭皮や毛髪に深く関係していたのです。

今回のテストステロンと直接関係はない問題ですが、遺伝性の問題にふれた内容でもあるため説明しています。

AGAはDNAに受け継がれる!DHTとレセプターの関係

DHTとレセプターは同じ構造を持つ細胞で、結合しやすい性質をもっています。

下記の図は、わかりやすい形にして説明していますが、実際の形状ではありません。

図3 DHTとアンドロゲンレセプター

図3 DHTとアンドロゲンレセプター

左記の図をみてもわかるように、DHTとレセプターはよく似た構造をもっています。

つまり、DHTとレセプターはとても結合しやすい関係があるのです。

 

 

 

 

*赤はジヒドロテストステロンDHT 青はレセプター

レセプター:受け継がれてきた「感受性」をもっている

レセプターの感受性が高ければ受け継いでいたDNAを強く子へ受け継がせます。

AGAはレセプターの「感受性の高さ」で結合すると「母親の父や兄弟が薄毛やハゲの人がいれば薄毛やハゲになる」というわけです。

また、上記の図のように、その反面もあります。

レセプターの「感受性が低い」と結合しても、AGAになりにくいといいます。
遺伝子検査で遺伝子を持っていたとしても、感受性が低ければ発症しないこともあれば、隔世をしている場合も考えられるのです。

DHTとレセプターを阻害する治療は、現在までの治療法では治せないのが現状です。

もしも、自在に操る技術があれば、結合をとめる方法を開発できるでしょうけどね。

AGAの原因は「テストステロンやDHT」とわけられているのはなぜ?

下記のように、2つの理由がわかれている原因

テストステロンが原因とするわけ
AGAを発症させる脱毛因子が作られていく元をたどれば「テストステロン」だったから
DHTが原因とするわけ
「テストステロンが5αリダクターゼ還元酵素」と結合するから

AGAを発症させる原因だとする説明をする人がいるからでしょう。

どちらにしても、AGAを発症させる下記の手順を見るとわかると思います。

図4 酵素とレセプター:それぞれ結合する関係

図4 酵素とレセプター:それぞれ結合する関係

ジヒドロテストステロン=DHT、アンドロゲンレセプター=レセプター

上記の図を見ると、明らかにレセプターが関係しているとわかりますよね。

テストステロンは酵素と結合しDHTはレセプターと結合する段階で脱毛因子が作られます。

結果的にレセプターがなければ、AGAは発症しないのでは?と考えることができます。

ある医師の出版本に書かれている内容では、DHTにも毛包や毛母細胞の分裂を抑制し委縮させる作用を持っていると書かれています。
DHTとレセプターどちらとも作用しているのであれば、DHTは「毛包や毛母細胞の分裂を抑制と委縮」作用し、レセプターには受け継がれたAGAの遺伝子情報を持つものと2つに分類して考えることができます。

つまり「DHTがAGAの原因といえる」でしょうし「AGAを受け継いだDNAの感受性が高ければAGAになる」ともいえるのでしょう。

今回の本題である「テストステロン」がAGAのきっかけとなるのは間違いないでしょう。
しかし、どの説明をみてもテストステロンが関係しているのは結合前の段階だけです。
あとの説明は「酵素・DHT・レセプター」ばかりが関係していますよね。

つまり「テストステロンが悪影響を及ぼしているわけではない」といえるのです。

テストステロンを食材で改善を考える人は注意!

上記のように、テストステロンはAGAの原点を説明しなければ始まらないものです。

しかし、結合する酵素やレセプターがテストステロンを取り巻いているからAGAは発症するのだと覚えておいてほしいと思います。

なぜならば、AGAの原因がテストステロンであれば邪魔だと思い込んでしまい、食材を摂らなくなる人もいるからです。

食生活に偏りを起こしてしまうと、体の異常へと進ませる可能性が高くなるのです。

誰でも「思い込み」は少なからず存在しているものです。

女性の場合、一番気になるものといえば「容姿」ですよね。
顔やスタイルがよくなりたいと、いつも願っています。
そこへ、スタイルがよくなるサプリや食材を紹介するとどうでしょうか。
女性で一番弱いセリフ「1週間で5キロもやせた」と体重計で量るプレゼンCMをみることがありますよね。今すぐにでも実行したい人は数えきれないほどいるでしょうから、紹介されたサプリや食材の反響がよくなり一気に売り切れてしまうわけです。

このようなCMでこわいのは「執着心や依存性」をすりこませることです。

「サプリがなければ痩せられない」「この食材だけ食べていれば痩せられる」思い込みが、偏った栄養分の摂り方をしてしまい、必ず体調異常を起こしてしまうのです。

AGAや薄毛の原因が「テストステロンだと気にしている」人もおなじです。

テストステロンになる食材を摂らないと、体は女性化し男性らしさを失っていくでしょうし、体全体の維持にも大きな影響を及ぼします。

結果「何のためにタンパク質を減らしたのだ」と意味のない行為は、絶対に避けてもらいたい方法なのです。

必ず、食材は均等にしてバランスのよい栄養を吸収させるようにしましょう。

まとめ

AGAや薄毛を発症する原因は、どうしても男性ホルモンが説明の中心になってしまいます。

でも、AGAになる原因を説明するのであれば、「AGAになるまでの手順」や「酵素とレセプターがどのようにテストステロンと関係しているのか」を説明する必要があります。

さて、みなさんは、AGAとテストステロンの関係をどのように感じたでしょうか?

AGA脱毛症の原点といわれれば、テストステロンにまちがいではないでしょうね。

しかし、テストステロンが原点であっても直接かかわっている物質は「酵素やレセプター」です。「他の作用を持って結合している」ことを、特にAGAでは忘れてはいけないといえるのです。

最後に、令和の再生医療について

AGAから始まる毛包の培養技術では、今までにない毛髪回復率の最も高い治療法になるでしょう。

例えば、自分の後頭部にある頭皮から縦横1㎝の中から毛包を数十本取り出すとします。

細菌が入らないように滅菌された専用のトレーに入れて特殊な培養液を用いて数か月後には数千本に培養できる技術があればどうでしょう。

ほとんどの薄毛は解決できると思いませんか?

そうですね!これからの薄毛を解決できる糸口となった再生医療なのです。

まさに、この技術が、2020年の実施に向けて臨床試験が行われているのですから、AGAや薄毛の治療で効果がなかった人にも期待が持てる技術となりつつあるのです。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ