トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • AGAと前立腺肥大に共通:ジヒドロテストステロンを減らす抑制方法!

AGAと前立腺肥大に共通:ジヒドロテストステロンを減らす抑制方法!

AGAと前立腺肥大に共通:ジヒドロテストステロンを減らす抑制方法!

男性にも多くある「おしっこ」で困った症状を掘り下げて調べていくと、前立腺肥大症やAGAにつながる男性ホルモン(ジヒドロテストステロンDHT)との関連性がある内容に気づきます。

ジヒドロテストステロン(DHT)は、男性の体つくりに役立つ働きをするものです。

その反面、5αリダクターゼ還元酵素との結合量が増えると「前立腺肥大症の原因やAGAの脱毛症」を引き起こす厄介者の存在にもなるホルモンなのです。

そこで、「ジヒドロテストステロンが抑制できる方法や食材があるのか!」注目し直観的にイメージをわきやすくするため、簡単な図や表をとりいれたわかりやすい解説をしたいと思います。

男性ホルモンを作る場所と主な種類

長期間抜け毛がとまらない原因は、AGAと診断された人にとっては、AGA治療薬を服用して脱毛原因を抑える効果を利用して、毛髪を回復させます。

まずは、男性ホルモンが作られる場所を確認しておきましょう。

図1 男性ホルモンを分泌する場所

図1 男性ホルモンを分泌する場所 

(1)2つの副腎:デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)

(2)睾丸:テストステロン・ジヒドロテストステロン(DHT)

*主な男性ホルモンです。副腎には他のホルモンも作られています。

前立腺肥大症とAGAに関係する男性ホルモンは、ジヒドロテストステロン(DHT)が原因です。

 

*AGAは脱毛症ではありますが、あくまでも容姿的に異変がおこる症状です。

体の病気として厚生労働省から病気として認定されていませんから、病気で説明するのは「前立腺肥大症やがん」になります。

下記の図のように、テストステロンと還元酵素が結びつくと「ジヒドロテストステロン(DHT)」が作られてテストステロンを助ける裏方でもあります。

 

図2 ジヒドロテストステロン:結合してできる男性ホルモン

図2 ジヒドロテストステロン:結合してできる男性ホルモン

ジヒドロテストステロンは、「前立腺肥大症の病気」や「AGAを発症させる」2つの原因をもっています。

病気と脱毛症原因の違いで、健康保険の適用条件がちがう悪玉といわれる男性ホルモンでもあります。

しかし、ジヒドロテストステロンDHTの働きを見ると、人が生き続けるには必要なホルモンでもあるのです。

 

つまり、「ジヒドロテストステロンと共存できるように抑制方法」のバランスを考えなくてはいけないので、「ジヒドロテストステロンをなくせばすべて解決する」といえないのです。

ジヒドロテストステロンの役割

 ジヒドロテストステロンには、前立腺の成長を助ける役割をもち子孫の繁栄や筋肉を作る働きから見ても、とても大切な男性ホルモンだといえます。

前立腺の成長 精子の形成 最強の筋肉を作る
テストステロンの補助的な役割も持つ

男性には必要不可欠なホルモンでもあるといえるでしょう。

ジヒドロテストステロンが増えると困る「病気と脱毛症」

病気を発症させる 抜け毛が止まらなくなる厄介な存在
前立腺肥大症 AGA男性型脱毛症
健康保険適用 健康保険が適用されない自費治療
発症原因は同じでも「症状のちがい」で健康保険の適用は決まります

前立腺肥大を確認できる症状

もしも、「おしっこがでにくい?」と症状を感じた時は、前立腺が肥大している可能性を含んでいる症状なのかもしれません。*尿の問題は50代からでることが多いです。

前立腺が肥大すると起こる症状

尿をだすときに、いつもより時間がかかるな?

と感じたとき

トイレに行く回数が多くなったかな?
あれ、最近は尿漏れを起こしているのかな?
えっ尿がでない!:緊急性がある症状です

以上のような症状があれば、前立腺が肥大している可能性が高いですから、すぐに泌尿器科で診察を受けましょう。

ジヒドロテストステロンDHTは、前立腺肥大を引き起こす原因になっていますが、AGA脱毛症も併用して起こしている場合もありますから、おしっこで困る問題がある人は泌尿器科を先に受診するようにしましょう。

*AGAとともに前立腺肥大症の治療薬が両方に効果を現しますから、経済的にもお得です。

何の症状でも治療を長引かせてしまう原因は、早く気づいていても放置していることですからね。

前立腺肥大症になっていたら:食材を改良するだけでは治らない!

前立腺肥大症は、糖尿病・高脂血症など体に痛みがない症状とおなじで、サイレントキラーの要因となる症状です。「痛みはないから、食材で治そう」などと自己判断をしてはいけませんし、症状が気になる時点で、食材だけでは治らないと思ってください。

食材の効果があるのは確かですが、短期間であるとか症状があるときに改善する効果は治療薬に限るのですから、いいことばかりを伝えているわけでもないのです。

「あれ、いつもよりもおかしいな?」と感じたら、すぐに病院へ行くことが、早期発見につながる賢明な対処法なのです。

*前立腺がんや内臓に起こる「がん」もおなじです。
体の痛みとなってあらわれたときは、ステップ3以上と診断されることが多いですから、がん検診は定期的におこなわないと早期発見がとても難しい病気なのです。

食材の栄養分からジヒドロテストステロンを抑制する方法!

日常にある食材の中から「ジヒドロテストステロンを減少させる」栄養素があれば、前立腺の肥大を未然に予防することや、AGAの予防につながる可能性もみえてきますよね。

大豆に多く含まれる、大豆イソフラボンは「骨粗しょう症や更年期障がい」の予防にも有効とされており、前立腺肥大症やAGAの原因でもあるジヒドロテストステロン(DHT)にも有効だというのですから、予防できる「万能健康食品」ともいえるでしょうね。

さて、それでは「なぜ、大豆イソフラボンはいいのか」を見てみましょう。

大豆イソフラボンは、12種類あるイソフラボンの総称!

女性がもつエストロゲン(女性ホルモン)の構造が大豆イソフラボンとよく似ているところから、エストロゲン受容体と結合した結果、上記の予防効果をだすようです。

健康食品やサプリの開発が止まらないのは販売量が増えているからだといえるのでしょう。

・腸内で分離された分解図

腸内で分離された分解図

左記の画像は、腸内で糖と分解されたときにアルゴリン型大豆イソフラボンとなる構造図です。

大豆イソフラボンと総称として呼ばれています。

 

 

独立行政法人 国民生活センター記者説明会資料より参照

★大豆イソフラボン 

大豆イソフラボン 配糖体 → アグリコン型大豆イソフラボン 非配糖体
腸内細菌よりイソフラボンの周りの糖が分離される
より有効な吸収力になる

結果的に、骨粗しょう症・更年期障害の予防

前立腺肥大症・ジヒドロテストステロンを抑制・予防

上記にある問題を解決できると思っていた人で「イソフラボンを摂ってきた」けど全然効果がなかった要因の一つには、大豆イソフラボンの種類や摂取量を間違えていた可能性もありますし、毎日一定量を守って食材を摂る習慣を忘れた人には効果がでにくいようです。

図3 アグリコン型大豆イソフラボンの有効性

アグリコン型大豆イソフラボンは、5αリダクターゼやすでに結合したジヒドロテストステロンを抑制し前立腺の侵入まで防ぐ効果があると言われている栄養素です。

 

 

 

 

ジヒドロテストステロンは、上記の表にあるようにテストステロンと酵素が結合して作られた男性ホルモンです。大豆イソフラボンは「5αリダクターゼ還元酵素に有効な抑制作用がある」ことを研究結果からも解明されている抑制方法ですから、長年続けていれば減少にもつながるといえるのです。

納豆やきな粉・厚揚げと種類が豊富に食べていたとしても、「毎日一定量を摂る」メニューつくりを心がける必要があります。

また、長期間続けていることが予防や抑制できる前提だともいえるでしょう。

大豆イソフラボン:過信や一定量の摂り方には注意が必要!

今回の記事を読んで「食材で予防や抑制ができる」と早速メニューを作って実行するのは、健康を目指すにはとても良いでしょう。

ただ、次のことだけはやめてくださいね。

「短期間でよくなるように!」と大量に大豆イソフラボンを摂る行為です。

毎日、必要以上に大豆イソフラボンを摂っていると体調にも変化を起こしますし、国民生活センターからの呼びかけも、一定量以上の摂取はしないようにと注意しています。

一時、納豆が毛髪や健康によいと昼のワイドショーで紹介されたとき、翌日から納豆の売り切れが続出したことを覚えていますか?ブルーベリーが目に良いからといったときも売り切れが続出したときと同じです。結果的に効果を現すのは、1年も2年も先のことであって「毎日続ける継続性が健康を保つことができる」説明なのですから、あせりは禁物なのです。

もちろん、体質や個人差もあるでしょうから、「長い目で長期間続けられる人に効果はあらわれる予防や抑制方法だ」といえるのです。

毎日摂る大豆イソフラボンの必要量

1度の食事で大量に摂るのではなく「必ず一定の分量を決めて摂る」ようにしましょう。

大豆イソフラボンばかりに偏ってしまっては、栄養バランスが崩れてしまいます。

毎日、大豆イソフラボンを摂る目安です。

煮豆 約80g あげ類・味噌・豆乳・黄粉(きなこ)などを代用するとよいでしょう
納豆 1パック 約40g
豆腐 1/2丁 約110g

*上記の表は、あくまでも一例です。代用しながら摂ることが大切です。

まとめ

男性ホルモンの一つについて、少しでも理解できたでしょうか?

ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの名称は、スペルが長すぎて覚えにくかったと思います。しかし、不思議ですよね。何度も繰り返し読んでいると難しいスペルと思わなくなっていきませんでしたか?

むずかしいスペルと感じなくなった人の脳は、科学的にいうと「新しい単語が脳にインプットされた証拠」なのだそうですよ。

ところで、男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)は、AGAだと思っていた人には「ジヒドロテストステロンをなくしてしまえば解決だ」と考えた人もいるかもしれませんね。

しかし、ジヒドロテストステロンをなくせば、テストステロンの補助もできなくなり前立腺の形成や筋肉を作るうえでも困る男性ホルモンでもあります。その反面では「AGAや前立腺肥大症を引き起こす」厄介な存在にもなる男性ホルモンだと覚えたかと思います。

結果「総合的に体のためにも共存性が求められる男性ホルモンなのだ」といえるのでしょう。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ