トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • フォトフェイシャルとは?効果、デメリット、副作用を解説

フォトフェイシャルとは?効果、デメリット、副作用を解説

フォトフェイシャルとは何?その効果は?デメリットや副作用はあるの?

フォトフェイシャルというものを聞いたことがあるでしょうか。レーザー治療と並んで、主には美容クリニックで行われる効果的な美容方法です。しかし効果がある分、副作用などが不安になることも事実でしょう。そこでここではフォトフェイシャルとはいったいどのような治療法なのか、またどのような副作用があり得るのか、という点について徹底解説して行きます。

フォトフェイシャルとはどのような美容方法か

まずフォトフェイシャルとはどのような美容方法なのでしょうか。

フォトフェイシャルとは

レーザー治療は目に見えない、強い光を肌に当ててその表面を損傷させ、それによって肌の再生を促して美肌につなげるという美容方法です。一方でフォトフェイシャルの場合は目に見える、マイルドな光を当てる美容方法なので、肌が損傷されず、穏やかに効いていく美容方法です。それでいて肌の新陳代謝であるターンオーバーも促進されるので、肌への負担を最小限にしながら美肌が実現されます。

フォトフェイシャルに用いる光はIPLと呼ばれています。IPLは肌に表面に沈着していて、シミやソバカスの元になっているメラニン色素だけに反応します。ですから直接的には肌表面のシミを消去してくれます。さらには肌の表面で活動が促されるため、毛穴の開き、赤ら顔なども解消されます。また穏やかな光が肌の奥にまで順次作用していくので、真皮の活動が促され、新たに細胞が生まれるようになるため、肌の弾力を支えるコラーゲンなどが増え、シワやタルミもなくなります。同時にターンオーバーも正常化するため、キメなども整います。

レーザー治療の場合、肌の表面が損傷するので、しばらくの間はメイクなどもできず、レーザーを当てた部分には絆創膏などを貼っておく必要があります。照射された部分はかさぶたになるので、かさぶたが取れるまでにも時間がかかります。しかしフォトフェイシャルの場合は肌表面が損傷しないため、治療後すぐにメイクをすることも可能であり、人から見てフォトフェイシャル治療を受けたということもわかりません。

レーザー治療とはどこが違う?

レーザー治療とフォトフェイシャルでなぜそこまで違うかと言うと、先ほど少し触れましたが、用いる光の種類が全く異なることが理由です。

レーザーの場合は、その光には波長があり、波長によって肌内部のどの部分に効果があるのかが違います。したがって、シミ、タルミ、シワ、毛穴、脱毛など期待する効果によって、波長を変える必要があります。

一方で、フォトフェイシャルの場合は複数の波長を含んだ光であるIPLを用います。したがって、どの部分を治療したい場合でも波長を変える必要はありません。言葉を換えれば1回のフォトフェイシャルによって、複数の効果が期待できるということです。

またレーザーとフォトフェイシャルは光を当てる時間も違います。この光を当たる時間を「パルス幅」と言います。レーザーのパルス幅は短く、狙ったターゲットだけを一点集中で治療します。その分光が強力なため、当てた部位が損傷するのです。

一方でフォトフェイシャルのパルス幅はレーザーより長いため、肌は損傷しません。また肌の幅広い部位の改善が期待できます。

ただしレーザーの場合は肌も損傷しますが、その分治療自体は1回、または短期間で終わらせることが可能です。しかしフォトフェイシャルは効果が穏やかなので、3~4週間に1回の施術を6回程度は受ける必要があります。

フォトフェイシャルはどこでできる?

正式なフォトフェイシャルは日本ルミナスという会社の登録商標なので、その会社の機械を使った場合だけフォトフェイシャルと言うことができます。日本ルミナス社の機械を使った場合は医療行為になるので、その治療は美容クリニックだけで受けることが可能です。しかし同じフォトフェイシャルでも別の会社が開発した、さらに効果の穏やかな機械もあります。これを用いた場合は、医療行為にはならないので、エステサロンなどでも受けることが可能です。

フォトフェイシャルの効果とは?

ここで改めてフォトフェイシャルの効果について詳しく解説しましょう。

赤ら顔の緩和の期待

まず期待できる効果は赤ら顔が治るということです。赤ら顔になぜなるのかというと、肌の表面に近い部分の毛細血管が拡張することが原因です。フォトフェイシャルはその拡張した毛細血管にダメージを与え、縮小させるので赤ら顔が解消されるのです。

毛穴が引き締める

タルミや肌の乾燥などによって毛穴は広がり、目立つようになります。フォトフェイシャルを行うと毛穴の周辺の肌が収縮するため、毛穴が小さくなって目立たなくなります。

小じわの緩和やハリを期待

フォトフェイシャルは穏やかに肌の深部にある真皮層の活動を促します。するとコラーゲンなどが増えるため、肌のハリや弾力が快復し、その結果シワが緩和され、ハリも取り戻せます。

フォトフェイシャルのメリット、デメリットは?

フォトフェイシャルには多くのメリットがありますが、一方でデメリットもあります。それは以下のようなものです。

メリットは

まず1番大きなメリットは肌の負担が少ないということでしょう。先ほど書いたように、レーザー治療の場合は光が当たった部位は損傷するので、すぐにメイクや洗顔もできず、かさぶたになるのでその上に絆創膏を貼って、刺激を防がなければなりません。当然、人から見てレーザー治療を受けたということわかってしまいます。

その点フォトフェイシャルの場合は、肌の損傷がほぼありませんから、治療後すぐにメイクも洗顔も可能です。したがって、治療を受けたらメイクを直してそのまま帰ることが可能です。また絆創膏も貼らないので、人から美容医療を受けたということはわかりません。

もう1つのメリットは1クール治療を行えば、複数の悩みを解消できるということでしょう。レーザー治療の場合は、シミならシミ1つの悩みしか解消できませんし、さらには狙ったシミ以外は治療できません。しかしフォトフェイシャルの場合は、1クールの治療でシミもシワも毛穴の開きも解消することが可能です。また治療できる範囲も広いので、複数の場所にあるシミでも1クールの治療で解消させることができます。

デメリットは

しかしデメリットもあります。

1つはフォトフェイシャルは1回で効果が出にくいという点です。

フォトフェイシャルの効果は穏やかなので、先ほど書いたように数週間に1回の治療を6回程度受ける必要があります。

レーザー治療に比べて効果が少ないこともデメリットです。フォトフェイシャルは肌の損傷をもたらさない穏やかな治療方法です。しかしその分、1回の治療で期待できる効果が少ないのです。したがって、上で書いたこととつながりますが、一定の効果を得るためには何度も受ける必要があるのです。

またフォトフェイシャルの1回あたりの治療費用はレーザー治療に比べて安いのですが、レーザー治療が1回で終了するのに対して、フォトフェイシャルは最低6回通うことになるので、トータルの費用ではレーザー治療より高くなってしまいがち、ということもデメリットでしょう。

フォトフェイシャルに副作用はある?

効果が穏やかで肌に優しいフォトフェイシャルがやはり人によっては副作用も発生します。

一時的にシミが濃くなるかも

フォトフェイシャルを受けた場合、一時的にシミが濃くなることがあり得ます。この現象は、シミの原因であるメラニン色素をIPLによって肌表面に浮き上がらせるため起こります。しかしこれは治療後の正常な反応です。濃くなったシミは1~2週間でかさぶたとなって肌から剥がれ落ちていきます。

紫外線によって日焼けしやすくなる

フォトフェイシャルを受けると、光は穏やかだとは言え、一時的に肌は刺激に弱くなってしまいます。したがって照射後すぐに紫外線に当たってしまうと、それが原因でシミができたり、炎症が起こってしまう危険性があります。

肌に痕跡が

最近はフォトフェイシャルでありながら効果がレーザー並みに高いというものも現れてきました。効果の高いことは良いのですが、しかし高い分、IPLが当たったことで再生された真皮の部分と、再生されなかった真皮の部分が生まれる可能性があります。そうなると肌の表面で、一部はシワやタルミが取れ、一部は残る問現象が起き、その結果、肌表面に薄い凸凹や痕跡が生じる可能性があります。

再生医療を選択する方法も

フォトフェイシャルは光という刺激によって真皮層を活性化させる治療方法です。したがって効果のメカニズムとしては、光が当たる、当たった細胞が活性化する、活性化によって細胞分裂が活発になる、細胞が増えるのでシワやシミがなくなる、という流れなので、ややロスが生まれます。

これに対して同じような効果をより効率的にもたらす方法があります。それが再生医療です。

再生医療とは、細胞分裂の元となる幹細胞を体内に注入し、細胞の数を増やしていく治療方法です。したがってフォトフェイシャルによって細胞を活性化させるよりも、効率的で効果の高い治療方法です。

さらにフォトフェイシャルの場合は、6回程度治療を行う必要がありますが、再生医療の場合は1回だけ幹細胞を注入すれば効果がもたらされます。

同時にフォトフェイシャルで細胞の活性化を行っても、その細胞の寿命が尽きて死んでしまえば効果もなくなります。したがって同じ効果を期待するためには再度フォトフェイシャルを受けなければなりません。しかし再生医療の場合は、仮に注入した幹細胞に寿命が来て死んでしまっても、その時には元の幹細胞から生まれた別の幹細胞が活動しているため、効果は持続されます。したがって再生医療は1度治療を受ければ、長期的に効果が期待できるのです。(※個人差がありますが1年から2年以上の効果が期待できます。)

このように書いてくると再生医療は効果がある分、治療方法も大変そうな気がしますが、そのようなことはありません。再生医療の方法は聞いてみると意外にシンプルです。

具体的には下腹部周辺を5ミリほど切開し、米つぶ2粒程度の脂肪を採取します。そして幹細胞を1000万個〜1億個に培養・増殖します。増えた幹細胞を必要とする部位に、注射や点滴で送り込みます。再生医療はこれだけの流れなので、実は非常に簡単で、身体にも負担の少ない方法なのです。

再生医療は基本的に身体のどの部位にでも施すことが可能です。たとえば膝の関節の潤滑成分であるヒアルロン酸が減少して関節同士がぶつかって痛みを発症する関節炎の場合、膝関節に幹細胞を注入してヒアルロン酸の産生を増やしてあげれば、痛みも炎症も緩和されます。

同じように顔に再生医療を施せば、真皮でのコラーゲンの産生量が増えるため、コラーゲン減少によって起こるシワやハリの減少を改善することができ、あるいは肌の水分を保持しているヒアルロン酸が増えることで肌にはうるおいが戻り、肌のキメもふっくらとしてツヤが生まれます。

同じように何かの成分を肌内部に注入する治療方法にボトックスやヒアルロン注射などがありますが、これらは皮膚の浅い部分にしか届かないため、その効果は限定的なものになります。また注入した成分が代謝されて消えてしまえば、再度治療を行う必要があります。これに対して再生医療は肌の深部を活性化させるので効果が大きく、また長い期間効果が持続されます。

当クリニックの肌の再生医療についてはこちらから

まとめ

いかがですか。

フォトフェイシャルは穏やかに肌の活性を取り戻す治療方法です。ですから劇的には悩みは改善しないものの、日常生活に支障がないように治療をしたい、という人にはぴったりの方法でしょう。肌悩みがある人は、フォトフェイシャルを考えてはいかがでしょうか。

10年前の写真をふと見たときに、
今の肌との違いにビックリしたことは
ありませんか?

あの頃の肌へ戻る…それは女性にとって夢のようなお話です。それを叶える魔法のようなお肌の再生医療で、夢を現実に!気になる方は当院へご相談下さい。

トップ