トピックスtopics

30代の目尻のシワは消せる?


30代になると肌の変化を感じる人も多くなってくるのではないでしょうか。

20代で少し気になっていた目尻のシワが、年々深くなって表面に現れ出すのが30代。

でも、深くなって目立つと気持ちが落ち込みますよね。

そこで、今回は30代の目尻のシワを消すことは出来るのか?どんな対策をすると良いのか?ということについて紹介します。

目尻のシワは30代突入とともに現れる

20代からでき始める目尻のシワですが、本格的に目尻のシワが現れ始めるのは30代に入ってからです。

目の周囲というのは、皮膚が薄くコラーゲンといった弾性繊維が少ないため、加齢によって皮膚がどんどん薄くなってしまいます。

そのため、シワが現れやすくなり、30代突入を皮切りに年々シワが深くなっていくのです。

30代の目尻のシワは治療できます!

目尻のシワが目立ち始めたら、なるべく早く治療を開始したほうが良いです。

もう少し深いしわになって、メイクなどで隠せないほどになったら…などとのんびりしていると、あっという間に深いしわになってしまうかも?

歳を重ねる毎に目尻のシワが深くなっていくため、目尻のシワ治療を始めるなら30代がちょうど良いタイミングです。

30代で治療を開始しておくことで、肌の老化スピードが遅くなり、10年後、20年後に大きな差となって現れますよ。

肌の未来を考えた治療を行うなら、再生医療がおすすめ。目尻のシワの再生医療には、線維芽細胞を注入する治療や線維芽細胞を用いた治療よりもワンランク上の脂肪由来幹細胞による治療があります。

30代から始める目尻のシワ治療はいろいろある!

30代で再生医療を取り入れるのはまだ早い!と思う方には、気軽に試すことができるレーザー治療や注射などもおすすめです。

レーザー治療なら、マドンナリフト、ウルセラアイ、サーマクールアイといった医療機器があります。

注射治療なら、ボトックス注射、ヒアルロン酸注射などがあります。

料金面や気軽に治療したい方は、これらの治療法を30代から取り入れるのもいいでしょう。

30代の目尻のシワ対策はスキンケアも大事!


クリニックなどで目尻のシワ治療をすることに抵抗がある方は、スキンケアで対策をするのもいいでしょう。

目尻のシワ対策に取り入れたいスキンケアのポイントをご紹介しますね。

・季節に合ったスキンケアを取り入れる
・乾燥対策のために加湿器を併用する
・洗顔やクレンジングは32度のぬるま湯で行う
・紫外線対策を行う

30代からでもまだまだ間に合うので、スキンケアにはぜひこれらのポイントを取り入れてみてください。

まとめ

30代に突入すると、目尻のシワが目立ち始めるという人も少なくないと思いますが、その目尻のシワは放っておくわけにはいきませんよね。

そこで取り入れたいのが目尻のシワ治療です。10年後、20年後を見据えた治療をしたい方には再生医療がおすすめですし、もう少し気軽に治療がしたい方にはレーザーや注射などの治療がおすすめです。

治療に抵抗がある方は、スキンケアで目尻のシワ対策を取り入れてみてください。

30代は目尻のシワにとって重要なターニングポイントとも言えるでしょう。

トップ