トピックスtopics

20代でも目尻のシワはできるのか?


シワといえば、アラサーやアラフォー以降の悩みのように思えますが、実際のところ20代でも目尻のシワは出てくるのでしょうか。

若うちは安心なのか、20代でも油断をすると出てきてしまうのか、20代の目尻のシワについて紹介します。

目尻のシワは20代からでき始める!

シワとは無縁の20代の人も多いと思いますが、実は目尻のシワをはじめとした目元のシワは、20代からでき始めるのです。

20代の場合、目尻のシワといっても小じわやちりめんじわ程度なので、そこまで気にすることなく過ごしがちです。

しかし、ここでケアを怠ってはいけません。深いシワになる前に、早めのケアをすることが大切です。

20代でも目尻のシワができる原因は?


20代からでき始める目尻のシワですが、その原因は一体何なのでしょうか。

シワができる主な原因は以下の通りです。

・紫外線による皮膚へのダメージ
・加齢による骨の減少や筋肉、靱帯の萎縮
・気温や湿度の影響による乾燥
・ホルモンバランスの乱れや女性ホルモン量の低下
・生活習慣の乱れ(偏った食生活、喫煙、睡眠不足、ストレスなど)

このように、加齢はもちろんですが、紫外線や乾燥、ホルモンバランスや生活習慣の乱れなど、20代でも目尻にシワができる原因が身近にあります。

20代で目尻のシワ治療をするのは早いのか?

気になる目尻のシワができ始めたら、早めにケアをすることは大切です。

自分でケアをするのもいいですが、美容クリニックなどで治療を行うのもおすすめです。

目尻のシワであれば、ボトックス注射やヒアルロンサン注入といった治療があります。

特に20代は、今後の目尻のシワを予防することができ、若々しさをキープすることができます。

また最近は、再生医療も盛んになってきており、20代の肌細胞を冷凍保存し、10年後や20年後などに保管していた肌細胞を補充するといった治療もあります。

20代の肌細胞は、20代の今しか採取することができません。目尻のシワで悩むのは、まだまだ先かもしれませんが、このような再生医療を取り入れることも検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

まだまだ若々しい肌の20代ですが、実は目尻のシワができ始めるのは20代です。

シワの原因は加齢だけでなく、紫外線や乾燥、生活習慣の乱れなど、生活環境の中にも潜んでいます。

まずは、こういった原因を取り除くケアが大切ですが、目尻のシワが気になるようであれば、20代であっても早めに美容クリニックで治療を受けることをおすすめします。

トップ