トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • もう美容クリームには頼らない!40代の首のシワは消える!

もう美容クリームには頼らない!40代の首のシワは消える!


首に深いシワができてしまうと、「もうこれは無理だ…消えないだろう…。」なんて諦めてしまう40代の方は少なくないと思います。

確かに、40代で刻まれている首のシワを消すのは、難しいことだといわれていますよね。

でも、そんな首のシワを消す方法があるんです!

首のシワがあると、実際は40代でも、もっと高齢にみられてしまうこともありますから、なんとかできるなら何とかしたい!と思う方もいらっしゃるでしょう。

こちらでは、そんな40代の首のシワの改善に効果的な方法についてご紹介します。

40代の首のシワ

40代になると、30代のころよりも、もっとシワが深くなったと感じる人も多いことでしょう。

コラーゲンが減少し、たるみが気になりはじめるのが40代。そして、今までのスキンケアの結果が出てくる年齢でもあります。

マッサージや美容クリーム、ヒアルロン酸注射などの方法を試してみても、なかなか消えない40代の首のシワなので、もうあきらめようかな?なんて思ってしまう人もいるかもしれません。

でも、肌再生療法によって治療することができるのです!

どのような療法があるのか、ご紹介しますね。

PRP療法


PRP療法とは、患者さん自身の血液を使用して肌の若返りを図る再生医療です。

血小板や白血球には肌細胞を活性化させる作用があると言われているので、少量の採血を行い、血小板や白血球成分を抽出し、それを体内に戻します。

この治療法は、1回の採血で全身の施術が可能ですし、患者さん自身の血液を使用するので、アレルギーや感染症などのリスクが低い安全な方法です。

さらには全身に施術できるので、首のシワにも適応、30代後半から40代の方に人気があります。

線維芽細胞を使用した治療法

線維芽細胞は、美しい肌を保つために必要なコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を産生する細胞ですが、加齢とともにその産生量は低下します。

40代の首のシワが進行するのも、それが原因です。

そこで、患者さん自身のわずかな皮膚片を採取し、線維芽細胞を培養、体内に戻すことによって産生機能を高めます。

最先端はコレ!【脂肪由来幹細胞による肌の再生治療】

脂肪由来幹細胞による肌の再生治療では、線維芽細胞を活性化するのはもちろん、皮膚バリア機能に重要な角質層の修復や再生にも働きかけることができます。

こちらも患者さん自身の脂肪由来の幹細胞を採取、培養して体内に戻す安全な方法で、個人差はあるものの、持続力は2年以上もあり、線維芽細胞治療の2倍近くあります。

この最先端の再生医療「脂肪由来幹細胞による肌の再生治療」は、仕上がりが自然で肌そのものが美しくなり、徐々に若返ることが可能になります。

40代の首のシワは、見た目をとても老けさせてしまいます。この治療によりシワがなくなることで、見た目も気分も若返ることでしょう。

まとめ

脂肪由来幹細胞による肌の再生治療は、首のシワで悩む40代の方たちにとって、朗報ですよね。

日ごろの乾燥や紫外線対策も必要ですが、一度できてしまったシワは、そう簡単には消えてくれません。シワが深くなりすぎて、気分も暗くなってしまう前に、この美肌再生治療を受けることを検討してみてはいかがでしょうか。

10年前の写真をふと見たときに、
今の肌との違いにビックリしたことは
ありませんか?

あの頃の肌へ戻る…それは女性にとって夢のようなお話です。それを叶える魔法のようなお肌の再生医療で、夢を現実に!気になる方は当院へご相談下さい。

トップ