トピックスtopics

30代の首のシワ、今のうちに取りましょう!


出産や子育て、仕事が忙しく、なかなか首のケアまで気が回らないことが多い30代。でも、ちゃんとケアをしないと首のシワが…。

実際、30代になって首のシワが深くなっていることに気付く人も少なくないでしょう。

首のシワは、実年齢よりも更けて見られてしまう要因の1つですから、何とかしたいものですよね。

30代の肌はシワになりやすい

皮膚の弾力を支えるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成には、女性ホルモンが大きくかかわっています。しかし、残念なことに、女性ホルモンは20代~30代前半をピークに減少し始めてしまいます。

30代に見られる首のシワは、女性ホルモンの減少に加え、乾燥や紫外線などの肌ストレスによって、進行していきます。冷暖房による気温差にも注意が必要です。また、20代のころに首のケアを怠ると、30代になって一気にシワが目立ってきます。

ぽっちゃりしている人は、シワができにくいとされていますが、加齢によりたるんできます。たるみにより、首にシワができますので、要注意です。

首のシワをなくすには


マッサージや美容クリームによる保湿、紫外線対策、枕の高さの調節などに気を付けることで、首のシワの予防はできます。

でも、一度できてしまったシワはどうすればいいのでしょうか?

首のシワを30代でとるには、美容外科や形成外科の医師の手を借りるのが一番です。

皮膚や美肌再生医療というのを聞いたことはありませんか?

日本国内では、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作りだす線維芽細胞や、幹細胞由来の培養上清を使った治療が行われています。

しかし、その線維芽細胞を使った再生医療よりもランクアップした最先端美肌再生医療「脂肪幹細胞による肌の再生医療」もシワ治療として注目を集めています。

脂肪幹細胞による肌再生医療

肌のハリや艶に関係するコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は、線維芽細胞で産生されていますが、皮膚の若々しさを保つためには、肌のうるおいや細菌などの異物から守る肌のバリア機能も重要です。

脂肪由来幹細胞は、線維芽細胞の再生以外にも、この皮膚バリア機能に重要な角質層の修復や再生を促す機能がありますし、神経や血管にも変化できるので、肌にさらなる潤いとハリを与えることができます。

首のシワができると、もう二度と消えない深いシワができてしまった…などと落ち込んでしまう人も少なくないと思いますが、この脂肪幹細胞による肌再生医療のおかげで、30代になって首のシワを諦めなくても済むのです。

まとめ

脂肪幹細胞による肌再生医療は、患者さん自身の幹細胞を使用する再生治療なので、安全性も高いです。また、持続力もあるので、首のシワなどを作りたくない!という人に、とてもお勧めな方法だと言えるでしょう。

30代になって目立ってきた首のシワなどで気持ちが落ち込んでしまうという人も、脂肪由来幹細胞の最先端美肌再生医療によって、若い頃のシワのない肌が取り戻せたら嬉しいですよね。

10年前の写真をふと見たときに、
今の肌との違いにビックリしたことは
ありませんか?

あの頃の肌へ戻る…それは女性にとって夢のようなお話です。それを叶える魔法のようなお肌の再生医療で、夢を現実に!気になる方は当院へご相談下さい。

トップ