トピックスtopics

首のシワ、20代から気を付けよう!


シワって、一度できてしまうと消えないですよね…。

顔のシワは気を付けているけれど、首のシワまでお手入れが行き届かない…いつの間にか、首にしわが刻まれてしまった…なんていう人もいるかもしれません。

でも、首のシワって年齢を感じさせてしまうものですし、一度できてしまうと消えにくいですから、20代の頃から気を付けてスキンケアを万全にしていくようにしましょう。

首のシワを予防するには20代からのケアが必要!

学生時代から社会人になる生活習慣の変化や、化粧によって、肌への負担が増え始めますが、20代の肌は皮脂の分泌やコラーゲンの生成力が高いので、しわやたるみなどに悩むことは少ないです。

しかし、美肌のためのコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作りだす細胞は、20歳を越えると急激に減少してしまいます。

25歳頃には、約半分まで減少するとのこと。

なので、20代から日常のスキンケアを怠ると、30代以降に一気に、しわやたるみが進行してしまうことになるでしょう。

首のシワの原因に、乾燥や紫外線などのスキンケア不足が挙げられますが、顔と同時に、首の保湿をする、日焼け止めクリームを塗る、などのスキンケアを忘れないようにすることが大切です。

首のシワの原因はスキンケア不足以外にもある!


上記でご紹介したように、首のシワの原因はスキンケア不足によるところも大きいのですが、姿勢の悪さや、枕が高すぎるなどが原因になることもあります。

これは、20代の首のシワに限ったことではなく、全年代に言えることです。

しかし、シワやたるみは、積み重ねによるものが多いので、20代頃から姿勢や枕などでシワを作らないように気を付けることが大切です。

スマホの長時間使用を避ける、枕の高さを自分に合うように調節するなど、顎と首がくっつくような姿勢は避けるといいでしょう。マッサージなども効果的です。

首以外のシワにも注意!

20代という若い年齢の人でも、シワが現れることがあります。

若い人に多いシワは「乾燥シワ」とも呼ばれる肌表面に現れる細かいシワ(ちりめんシワ)です。

ちりめんシワは、特に目元や眼尻に現れ、若い人にもみられるシワです。

さらに、表情ジワも若い人に現れるシワの1つで、目元や眼尻、額や眉間、口元などに現れます。

治療方法

首のシワに有効な治療方法に、タイタンというものがあります。

20代の首のシワから、20代以降のシワにも効果的です。熱刺激を与えることで、コラーゲンを強力に収縮、シワやたるみが改善します。

治療後すぐに、引き締め効果を実感することができるほか、引き締め効果が持続します。また、ボツリヌス注入も、首のしわ改善に効果的です。

まとめ

ちょっと油断しただけでも、シワって出来てしまいますし、できてしまうとなかなか消えません。

でも、20代の首のシワは、まだまだ改善の余地あり!

年齢を感じさせず、きれいに年を取るには、若い頃からのスキンケアが大切です。20代は、まだまだ若いから大丈夫と思わず、首のスキンケアもしっかりと行いましょう。

もしシワができてしまった、それがコンプレックスになってしまう…というような場合は、美容クリニックなどで再生医療によるシワの改善・治療を検討してみるのも良いでしょう。

トップ