トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 生まれつきの首のシワは治りにくい!少しでも薄くする方法は

生まれつきの首のシワは治りにくい!少しでも薄くする方法は


年齢を感じる首のシワは加齢によってできる!と思いがちですが、生まれつき首にシワがある人もいます。

いずれにしても首のシワなど深いシワは治りにくいのですが、なんとかして薄くする方法はないのでしょうか。

生まれつき首のシワがある人は、年齢を重ねるごとにさらに深くなってしまうこともあるそうなんです。

何とか薄くする方法、消す方法はないのか?探してみました。

首のシワの原因は加齢のせいだけではない!


生まれつき首にシワがあるという場合もあることから、シワの原因は加齢のせいだけではないということが分かります。

でも、生まれつきの首のシワであっても、年齢を重ねてからできたシワであっても、とにかく首のシワは目立ちますし、薄くすることが難しいです。

また、生まれつきの首のシワは、年齢を重ねるにつれてさらに深くなってしまうことも…。

ですから、まずは首のシワの原因(加齢・生まれつき以外)を知り、その原因を排除することが必要です。

首のシワの原因になるのは、
・スマートフォンを見るために長時間下を向いている
・高い枕で寝ている
・肌が乾燥肌に傾いている(肌表面は潤っているように見えても鼻内部が乾燥している場合もあるので要注意)
・日焼け
このような原因が挙げられます。

首は顔と同じで皮膚が薄いので、しっかりと保湿ケアをすることや、姿勢を治す、首回りの筋力をつけてたるみによるシワ防ぐなどの方法があります。

首のシワの治療方法とは?

エラから鎖骨についている筋肉が凝ることによって起こる首の縦ジワなどには、ボトックス注射による治療が行われます。

横ジワには、そのシワの深さによって治療法が変わってきますが、シワが深くなると、コラーゲンやヒアルロン酸注射が行われるのが一般的です。

生まれつきの首のシワに加齢が加わると?

加齢によってたるみやシワは増えていくのは、ある程度は仕方がない…とあきらめている人も少なくないでしょう。

でも、生まれつきの首のシワのシワは、ケアを怠ると脂肪がつきやすくなったり、さらにシワが深くなってしまうことがあるので注意が必要です。

これは、加齢によって線維芽細胞の破壊が起こり、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの産生が減少してしまうからです。

なので、治療は、コラーゲンやヒアルロン酸注射が主な治療となります。

また、この線維芽細胞を、患者の皮膚の一部から培養し、体内に戻すという治療も行われています。

首のシワを消す最先端治療があります!

首のシワを消す最先端治療とは、線維芽細胞を再生するだけでなく、皮膚バリア機能を修復・再生もできるシワ治療のことです。

脂肪由来幹細胞を使用した最先端の治療法で、線維芽細胞を使用した治療よりも長く効果が持続することや、皮膚の神経や血管の再生ができるという点で魅力があります。

ですから、首のシワをどうしても何とか薄くしたい!などと思うのであれば、脂肪由来幹細胞を用いた最先端の医療を検討してみるのも良いかと思います。

まとめ

うまれつきの首のシワは、すっかり目立たないように薄くするのは難しいといわれています。

しかし、さらに深いシワにしてしまわないために、また新たな首のシワを作らないようにするために、姿勢を改善する、スマホを見続けない、首のマッサージをするなどの対策で予防していきましょう。

加齢によってシワが深くなってしまった場合は、ボトックス注射やコラーゲン、ヒアルロン酸注射、患者さんの血液を使用したPRP治療、線維芽細胞や脂肪由来幹細胞を使用した治療など、様々な改善方法があります。

形成外科や美容クリニックのHPページを見たり、実際にクリニックの無料カウンセリングを受けるなどして、検討してみてはいかがでしょうか。

10年前の写真をふと見たときに、
今の肌との違いにビックリしたことは
ありませんか?

あの頃の肌へ戻る…それは女性にとって夢のようなお話です。それを叶える魔法のようなお肌の再生医療で、夢を現実に!気になる方は当院へご相談下さい。

トップ