トピックスtopics

首のシワは消える!?その方法とは


手入れの行き届いた顔は自信がある!でも、首のシワを見られたら実年齢がバレてしまう…。もしかすると実年齢よりも老けて見られてしまうかも?

でも、首のシワって隠すことが難しいんですよね。

化粧で隠すっていうのもちょっと変だし、かといってスカーフを巻いたりしても…でも、何とか隠したいものです。

しかし、隠さなくてもいいんです!

消してしまえば良いのです!

その首のシワ、消すことができるんですよ。首のシワが消える!?その方法を紹介しましょう。

シワができる要因は?


首のシワや顔のシワ、目の下のクマやほうれい線…これら気になる「シワ」の原因は、「紫外線」、「乾燥」、「加齢」です。

紫外線は、肌のハリや弾力を保つコラーゲン線維を破壊し、皮膚の奥まで入り込んで肌に大きなダメージを与えます。

乾燥は、スキンケアで防いでいる!という人も多いと思いますが、皮膚の外部は潤っていても、内部が乾燥していると、コラーゲン線維やエラスチンが破壊されてしまいます。

加齢も、シワができる大きな要因です。加齢により、コラーゲン線維やエラスチンは減少していきますし、これらを作る細胞の機能も低下してしまいます。

そもそも肌細胞の機能が低下してしまうなら、一度シワができてしまうと消えないのでは?と思いますし、実際、深く刻まれたシワは消すことが難しいと言われています。

でも、現在は、これら首のシワなどを消すことができるのです!

シワができてしまい、悩んでいる人に朗報ですよ。

最先端の美肌再生治療「脂肪由来幹細胞による肌の再生医療」でシワが消せます!

日本国内における肌の再生治療は、線維芽細胞や、サイトカインなど幹細胞由来の培養上清を使ったものがほとんどです。

ハリのある肌、ぷるぷるの肌、瑞々しい潤い肌には、この線維芽細胞がとても大切!

線維芽細胞は、これらの肌を作り出すコラーゲン線維やエラスチン、ヒアルロン酸を産生しているのです。

しかしながら、シワなどを出現させないためには、線維芽細胞以外に「皮膚バリア機能」が大切です。

皮膚バリア機能とは、皮膚の内側を乾燥や、細菌が侵入するのを防ぐ機能です。

これらの線維芽細胞と皮膚バリア機能の両方を再生するのが「脂肪由来幹細胞」です。

患者さん本人の皮膚を使用して、体外で培養した線維芽細胞を体内に戻す再生治療よりも、脂肪由来の幹細胞を体外で培養、体内に戻した方がより効果が期待できることが分かっています。

また、脂肪幹細胞は神経や血管にも変化するので、皮膚の再生を促進させることから、肌にさらなる潤いとハリを与えることができるのです。

幹細胞はコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを産生し続けてくれるので、個人差はありますが、2年以上の持続力があることも分かっています。

ちなみに、線維芽細胞による皮膚再生の持続力は1~2年です。

この方法なら、首のシワにも高い効果が期待できるでしょう。

その他の再生医療

線維芽細胞や、脂肪由来幹細胞を使用した再生医療のほかに、患者さん本人の血液を使用した「PRP」という再生医療もあります。

ただ、この方法はしわやくすみが目立たなくなりますが、首のシワなど深いしわやたるみを改善するのは難しいといわれています。

まとめ

首のシワが消えると、それだけで若々しく見えるようになりますよね。

脂肪由来幹細胞の治療法は、美容再生医療の最先端!

仕上がりの自然さにこだわる人、肌そのものを美しくしたい人には、もってこいの治療法と言えるでしょう。

10年前の写真をふと見たときに、
今の肌との違いにビックリしたことは
ありませんか?

あの頃の肌へ戻る…それは女性にとって夢のようなお話です。それを叶える魔法のようなお肌の再生医療で、夢を現実に!気になる方は当院へご相談下さい。

トップ