トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 40代はほうれい線がはっきりと目立ち始めます!対策法はある?

40代はほうれい線がはっきりと目立ち始めます!対策法はある?


40代になると、女性ホルモンのバランスが崩れがちになったり、若いころから蓄積した紫外線の影響がはっきりと肌に現れ始めるなど、肌ダメージが顕在化しますよね。

肌が乾燥したりシミやしわが増えたり…ほうれい線に関しても、線がくっきりと目立ち始める人も増えます。

ほうれい線は、見た目の印象を老けた感じにしてしまいますから、対策できるものなら対策して若々しい印象を保ちたいものですよね。

そこで今回は、目立ち始めた40代のほうれい線の対策方法をご紹介します。

40代はほうれい線がはっきり目立つ!?薄くすることはできる?


ほうれい線がはっきり目立つ40代。鏡を見るたびに何とか薄くしたいと思っている方も少なくないのではないでしょうか。

40代になると、真皮の衰えや表情筋の衰え、皮下脂肪の肥大化が顕著に現れ始め、それに伴ってほうれい線がくっきりと目立ち始めます。

肌のすべての機能が30代の頃に比べて低下しますから、仕方がないことなのですが、表情を変えなくてもほうれい線がくっきり…というのは、見た目の印象をかなり老けたものにしてしまいますから、何とか対策をしたいところです。

また、コラーゲンの破壊されるスピードが、生成するスピードより速くなってしまうため、皮膚がどんどんたるみ下がり始めますし、皮膚の表面も、毛穴が開いたりシワが増えるなどして、老けた印象を加速させます。

40代のほうれい線はもう対策できないの?

40代になると肌機能そのものが低下するので、ほうれい線ができてしまうのは仕方がありません。

でも、だからと言って放っておくことは出来ませんよね。

まずは、セルフケアを充実させることで少しでもほうれい線が薄くなるように努力してみましょう。

エイジングケア化粧品を使用するのはもちろんのこと、表情筋を鍛える運動を行うのも効果的。「唇をすぼめて戻す」という動作を繰り返したり、舌を口の中で上下左右に動かすなど、口の周りの筋肉を鍛えることを意識しながら継続してみてください。

顔にある表情筋が、お肌のハリやツヤを出すコラーゲンのある真皮層を支えていますから、表情筋を鍛えることがたるみを防ぐのに有効ですし、その結果としてほうれい線を薄くする効果につながるでしょう。

また、セルフケアでは改善が難しいと感じる場合は、医療ケアという選択肢もあります。

なかでも近年注目されているのが、肌の再生医療です。

機能が低下したお肌の細胞に、脂肪幹細胞を使い元気な細胞に生まれ変わらせる治療法が効果的です。

幹細胞とは、体の様々な組織に分化する能力を持つ細胞のことで、美容業界においては肌の再生医療分野で注目を集めているんですよ。

まとめ

40代のほうれい線の特徴とその対策をご紹介しました。

40代は、ホルモンバランスの変化や今まで蓄積したお肌へのダメージが顕在化するタイミングであると同時に、お肌の機能も衰えが顕著になる時期です。

ほうれい線の対策をしたいというのであれば、セルフケアだけでなく、医療によるケアも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

10年前の写真をふと見たときに、
今の肌との違いにビックリしたことは
ありませんか?

あの頃の肌へ戻る…それは女性にとって夢のようなお話です。それを叶える魔法のようなお肌の再生医療で、夢を現実に!気になる方は当院へご相談下さい。

トップ