トピックスtopics

30代になるとほうれい線が気になり始めますよね

ほうれい線とは、小鼻の脇から口元にかけてある曲線のことで、表情を変えたときに現れます。

これが、表情を変えなくても目立つようになると、老けた印象になってしまいます。

30代前半では、はっきりとしたほうれい線が見られるのは稀ですが、後半に差し掛かると目立つ方も多くなってきます。

そんな30代のほうれい線、何とか対策をして老けた印象にならないようにしたいものです。

30代はほうれい線が気になり始める頃、30代のほうれい線対策とは?


30代になるとほうれい線が気になり始めるという人が増えてきます。

とはいっても、一気にくっきりとしたほうれい線ができるというわけではなく、少しずつ目立ち始めるため、見過ごしてしまう、或いは見なかったことにしてしまうという人も少なくないと思います。

しかし、30代後半になってくると、真顔でもほうれい線が目立つ…という状況になる人も少なくありません。

なぜなら、30代になったばかりの頃は20代と大きな差はありませんが、30代半ばに差し掛かると、皮膚の下の組織の真皮層、表情筋の衰え、皮下脂肪の肥大が少しずつ進行し始めるからです。

真皮層には、コラーゲンがあり、お肌のハリやツヤを出す役割を担っています。

20代や30代前半ですと、コラーゲンを生成する機能も活発ですが、だんだんと機能が衰え始めコラーゲンが破壊される量が生成され量を上回り始めます。

さらには、30代半ばになると、代謝が低下し始めますので、太りやすくなり顔にも脂肪がつきやすくなってきます。この脂肪を支えるのは皮膚ですが、支える脂肪量が増えれば皮膚が伸びてたるむ原因に…結果、表情筋もたるみ、ほうれい線が目立つようになるのです。

特別なトレーニングをしない限り、加齢とともに体の筋肉は衰えるといわれていますが、顔にある表情筋も同様に加齢によって衰えます。

筋肉が衰えることで、表情筋がアンバランスとなり、それがたるみの原因となることもあるのです。

このように、30代になると肌がたるみやすくなり、ほうれい線が目立ちやすくなるのです。

30代のほうれい線対策とは?

30代は、たるみが気になり始める過渡期であるため対策も様々ですが、自分で出来るケアを重視することで対策できる場合が多いです。

まずは、セルフケアとして、普段お使いの基礎化粧品の見直しが有効です。

コラーゲンの生成を促進するエイジング化粧品に変えるなど、普段のケアの中で、お肌のハリツヤを保つように心掛けましょう。

セルフケアで悩みが解消されない場合は、お肌の再生医療という選択肢があります。お肌の真皮層、皮下組織を活性化させる脂肪幹細胞を注入することで、細胞を生き返らせる方法もありますので、検討してはいかがでしょうか。

まとめ

30代のほうれい線の原因や特徴、その対策方法をご紹介しました。

30代前半では、お肌の衰えや体の衰えの影響が少なく、たるみによるほうれい線の存在も気にならないことが多いですが、半ばを過ぎるとほうれい線が気になりだす過渡期のタイミングです。

セルフケアによる対策でほうれい線の進行を緩やかに出来ることがほとんどですが、気になる場合は医療ケアも視野に入れてみるのも良いでしょう。

10年前の写真をふと見たときに、
今の肌との違いにビックリしたことは
ありませんか?

あの頃の肌へ戻る…それは女性にとって夢のようなお話です。それを叶える魔法のようなお肌の再生医療で、夢を現実に!気になる方は当院へご相談下さい。

トップ