トピックスtopics

肌の再生医療で若返りを維持出来る?

近年になって、若返りのための再生医療が注目を集めています。

これまでの若返り治療と言えば、美容整形手術やコラーゲン注射などが一般的でした。

幹細胞治療という自分自身の細胞を使って肌を再生させる方法が発見されてからは、一時的な若返りだけではなく、若返った肌の維持も可能となっています。

今回は、肌の再生医療について解説していきます。

肌の再生医療とは


肌は加齢で衰えます。

肌の見た目はもちろん、その機能も必ず年齢の影響を受けてしまいますよね。

20代を終えると、徐々にクマやシワが目立つようになり、たるみも気になってくる人も増えてきます。これは、加齢で肌のダメージを修復する細胞そのものが減少することが原因です。

でも、今は、肌の再生ができる肌の再生医療の技術が進んでいるので、その肌老化を諦めなくて良いのです。

肌の再生医療の仕組み

肌の再生医療は、メスやヒアルロン酸注射を使用しません。使うのは、自分の細胞です。

まず、自分の元気な細胞を採取し、それを培養して増やします。その後、活性化した細胞を皮膚の老化した部分に注入します。

若い細胞が注入されたことで、肌の細胞や組織の働きも活発になり、紫外線やストレスなどでダメージを受けた肌も、細胞を補充する能力が向上するため、早く修復することが出来るようになります。

肌の若返りには、ダメージを受けた肌を再生する力が必要です。

つまり、肌の再生医療は、年齢による肌トラブルの根本的解決に繋がるのです。

肌の再生医療を行う人が増えている

肌の再生医療というと、なんだかとても大がかりで敷居が高い感じがする…という人もいるかもしれません。

ですが、最近は肌の再生医療に関心を持つ人が増えてきています。

まだ若い20代のうちから、自分の幹細胞を採取している人もたくさんいるんですよ。

幹細胞は若い時のものほど活性化するため、20代のうちに採っておいた方が10~20年後により高い若返り効果を得ることができるのです。

幹細胞は採取したら冷凍して保存しておきます。採取しておけば、自分が肌の若返りをしたくなった時にすぐに使うことが出来ます。

将来、より高い若返り効果を得るために、早めに準備をしておくのも良いかもしれませんね。

まとめ

肌の再生医療は、自分の幹細胞があれば行うことが出来ます。

そして、数十年後により若い肌になるために、20代のうちから幹細胞を採取しておく人も増えていますし、実際に肌の再生医療によって若い頃のような元気な肌になれたという人がたくさんいます。

肌の再生医療で、年齢を重ねても明るい気持ちで過ごせる人が増えるのは、とても良いことですよね。

トップ