トピックスtopics

再生医療で美肌になれるメカニズムとは?

最近話題の再生医療は、肌の若返りにも活用されるようになってきました。

これまでは、年齢を重ねたら肌のことは諦めるというのが一般的な考えでした。しかし、再生医療によって、いつまでもうるおいのある美肌でいられたら素敵ですよね。

そこで今回は、再生医療と美肌になれるメカニズムとはどういったものなのかについて解説していきます。

そもそも加齢によって肌が衰えるのはなぜ?


私達は、加齢に伴い美肌を維持することが難しくなります。

このことには、肌のターンオーバーが深く関係していて、肌は常に生まれ変わりを繰り返しています。傷や日焼けして黒くなった肌は、一定期間で元に戻りますよね。これは、肌のターンオーバーが正常に機能しているからです。

しかし、紫外線や老化、ケアの仕方などの様々な要因で、肌のターンオーバーのサイクルは乱れます。すると、肌の表面に押し出されて自然に剥がれるはずの細胞が残ったままとなります。この残った細胞がシミやしわ、肌のくすみや乾燥といった肌トラブルを引き起こしやすくするのです。

人間は年を取っていくと体の代謝機能が衰えます。そのため、肌のターンオーバーのサイクルも30日、40日とどんどん遅れていきます。その結果、傷やシミなども残りやすくなってしまうのです。

美肌を維持するにはどうしたらいい?

美肌は、肌の正常なターンオーバーによって作られます。そのため美肌を維持するには、健康的な生活を送ることが必要になります。

日常生活では、栄養バランスの整った食事と適度な運動、趣味などでのストレス解消、リラックスできる時間を作ることが大切です。

また、紫外線をなるべくカットし、肌をなるべく保湿しておくと、肌へのダメージを減らすことが出来ます。日やけ止めや帽子、サングラスや日傘を活用すること、保湿力の高い化粧品を使うことが肌の老化予防のポイントになります。

肌の再生医療のメカニズムで美肌を維持することができる!

より確実に美肌を維持する方法としては、肌の再生医療があります。

肌の再生医療では、自分の幹細胞を使います。若い頃の幹細胞をあらかじめ採取しておき、培養して増殖させます。

採取した細胞は、自分が使う時まで冷凍保存しておくことが出来ます。保存しておいた幹細胞を老化した肌に注入すると、肌の細胞が活性化しどんどん新しい細胞が作られます。

肌が元気になれば、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンといった肌のうるおいを作る成分もたくさん作られるというのが肌の再生衣料の魅力的なメカニズムです。これらが作られることで、肌はうるおいが十分な状態になり、ターンオーバーも正常化、結果、若々しい美肌になるというわけです。

まとめ

何歳になっても潤いのある透明感のある美肌をキープしたいですよね。そのための努力をしているという人は少なくないと思いますが、セルフケアでは限界があります。

しかし肌の再生医療は、一時的に若々しさを与えてくれるだけではありません。一度活性化した幹細胞を注入しただけでも、再生医療のメカニズムであれば、しばらくその効果を維持することが可能なのです。

また、元気な幹細胞が注入されたことで、肌の老化自体が遅くなることも報告されています。今後は年齢を重ねても美肌を保つことができる人が増えていくことでしょう。

トップ