トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 目の下のクマには種類がある!あなたのクマは何クマ?

目の下のクマには種類がある!あなたのクマは何クマ?


目の下のクマで悩んでいる方は多いことでしょう。

目の下のクマは、化粧の厚塗りやコンシーラーでは隠せないので厄介ですよね。隠そうとすると、シワのようになってしまったり…なんだかおかしなことになってしまいます。

かといってそのままにしていると老け顔や疲れ顔に見られがち。老け顔の第一位にランクインしている目の下のクマです。放っておくのはダメですよね。

でも、目の下のクマって種類があって、その種類によってクマを消す方法も違ってくるんです。

目の下のクマの種類は3つ

目の下のクマには、「黒クマ」「青クマ」「茶クマ」の3種類があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

黒クマ

黒クマの原因は、肌のたるみです。

加齢によって眼球を支えている筋肉や膜がゆるみ、目の周りの脂肪が前方に飛び出すことによって、目の下がふくらみ、影ができます。この影で黒く見えるため、黒クマと言われているほか、影クマとも呼ばれています。

そして、この黒クマに悩む男女の比率は、非常に高いと言われています。

青クマ

皮膚の下の静脈や筋肉が透けて見えているのが原因です。皮膚が赤紫色を帯びているのが特徴です。

目の下の皮膚は、もともと薄いのですが、さらに体の皮膚の薄い人に見られることが多いです。

また、睡眠不足や運動不足、眼精疲労、ストレスなどによる血行不良によって、更に青みが増します。身体の冷えも大敵です。血流を良くするための生活習慣を心がけることが大切です。

茶クマ

メラニン色素が沈着して、小さなシミが繋がって見えるのが茶クマです。

マッサージやアイメイクを落とす際に、目の周りを強く刺激しすぎる人に多く見られます。また、目を擦ることが多い、花粉症の人にも多くみられます。その他、皮膚の乾燥や紫外線の影響で色素沈着が起こります。

目の下のクマを消すことって出来るの?


目の下のクマの種類によって、その消し方・治療方法は違ってきます。黒クマであれば、目のたるみ治療が行われますが、年齢によって、さらに治療法は変わってきます。

青クマは、太ももやお腹から脂肪を吸引、目の下に注入することによって皮膚の下に厚みを作り出す方法などが取られ、茶クマはレーザー治療などが行われます。

茶クマの場合、黒クマや青クマを伴っている場合もありますので、医師の診断を仰ぎましょう。

まとめ

目の下のクマは、黒・青・茶の3種類があります。

あなたの気になる目の下のクマは、何クマでしたか?

どの色のクマであっても、やはりクマがあるのは嫌ですね。

手術による治療や、切らなくても治療できる方法がありますので、一度、医師の診察を受けてみてはいかがでしょうか。

気になる料金やクマ治療のリスク、副作用などについてメールカウンセリングや初診料無料に応じている病院もありますよ。

トップ