トピックスtopics

目の下のクマの原因は?

「昨日、何かあった?」「最近、疲れてない?」なんて言われたことはありませんか?

それは、目の下のクマのせいかも。

目の下のクマは疲れた顔に見えるだけでなく、老けてしまったように見えることもあるので厄介ですよね。

化粧で隠しきれない、目の下のクマの原因は何なのか、見ていくことにしましょう。

目の下のクマの原因

目の下にクマができる主因は、まぶたのたるみです。

残念ながら加齢によって皮膚や筋肉がたるむだけでなく、眼球を支えている眼窩隔膜という膜がゆるみます。そして、目の周りの脂肪が前に飛び出てしまうことで目の下にくぼみができ、影ができて、黒く見えます。

これが黒クマで、影クマとも呼ばれています。

症状は、「目の下の黒ずみ」「目の下のたるみ」「涙袋の膨れ」です。目の下の黒いクマは、老け顔や疲れ顔の原因になってしまいます。

黒クマができる要因は、加齢のほか、PCや携帯を見る機会が多い、脂肪増加によるたるみ、ダイエットの脂肪の削げ落ちなどが挙げられます。

目の下のクマを消したい!改善法はある?


目の下のクマの改善法には、ヒアルロン酸注入や、自分の太ももやお腹などから脂肪を吸引して目の下に注入する方法、脱脂、脂肪を移動させる、患者自身の血液を使用したPRP療法などがあります。

目の下のクマの症状は、年齢によって違いがあります。医師の診察を受け、適した方法を選ぶことが大切です。

肌の再生治療によって目の下のクマが消せる!?

目の下のクマの原因は、先ほどご紹介したように肌のたるみによるものです。

クマだけでなく、しわや、ほうれい線など加齢によって出てくる症状はたくさんあります。

その治療の中に、肌再生医療があります!

これは、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンを産生する線維芽細胞を、患者自身の細胞から培養し、気になる部分に注入するというものです。

安心安全な方法で、ゆっくりですが、確実な効果が得られます。

また、この線維芽細胞治療以外にも、更に効果的な、脂肪由来幹細胞による肌再生医療も行われています。

脂肪由来幹細胞の肌再生医療は、肌を美しく保つための皮膚バリア機能も再生する画期的方法です。

これにより、目の下のクマの原因であるたるみや、深いしわを改善させることができるのです。

まとめ

目の下のクマの原因は、加齢によるたるみによるものです。

この加齢によるたるみ、美容クリームやマッサージなど、自己流で改善させることは困難です。

美容外科などにかかるなど、医師に診察してもらうことで、目の下のクマを消すことができますよ。若々しい顔を取り戻したい人は、美容クリニックの医師に相談してみてはいかがでしょうか。