トピックスtopics

老け顔になる!ほうれい線ができる原因は?


鼻の横から口にかけてできる大きなシワ、ほうれい線。このほうれい線が深くなるにつれて年齢を感じてしまいますよね。

加齢でなくても、このほうれい線ができることによって、実年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。

でも、なぜほうれい線はできてしまうのでしょうか?ほうれい線の原因を見ていきましょう。

ほうれい線の原因


ほうれい線の原因は、たるみです。

頬の皮膚や脂肪がたるんで顔の下方に下がってきます。口の周囲には唇を動かすための筋肉があるので、たるんだ皮膚や脂肪がその筋肉でせき止められた形になり、段差が生まれます。これがほうれい線です。

また、加齢によって鼻の土台となる骨が委縮、鼻が落ち込んでいくことによって、ほうれい線が深くなります。

若い頃は、コラーゲンなどの分泌が盛んで、肌全体に弾力やハリがあるので、しっかり頬を支えることができますので、ほうれい線はできません。

しかし、残念ながら25歳くらいから、美肌のもとコラーゲンや、エラスチン、ヒアルロン酸の分泌量が減少します。

そのため、頬を支えられなくなり、ほうれ線ができてしまうのです。

加齢による肌のたるみ以外にもほうれい線ができる原因があった!

ほうれい線の原因は、加齢による肌のたるみだけではありません。

例えば、洗顔の際、ゴシゴシ擦っていませんか?

肌表面に必要以上の刺激を与えることになるので、たるみの原因になります。なるべく手が触れないように、たっぷり泡で優しくマッサージするように洗顔するのが良いでしょう。

また、肌質も関係しています。

潤いのある肌は、シワを押し返す弾力やハリがありますが、乾燥肌になると保湿力がないため、シワがどんどん深くなり、ほうれい線の溝ができやすくなります。

日焼け止めなどの紫外線対策、熱いお湯での洗顔を避ける、クリームを塗る、などの保湿を心がけることが大切です。

ほうれい線を消したい!たるみを取れば消すことができる!?

ほうれい線の原因がたるみであれば、そのたるみを取ってしまえば、ほうれい線は消えます。

たるみを取る方法として、ヒアルロン酸注入や、レーザー治療などが行われています。

その他、美肌のもとであるコラーゲンなどを分泌する細胞を活性化させる肌再生治療なども行われています。

美容外科などを受診し医師と相談しながら、自分にあった方法を見つけるといいでしょう。

まとめ

年齢を感じる肌の悩みの1つに挙げられる「ほうれい線」。

このほうれい線の原因は、皮膚や脂肪のたるみによるものです。

たるみは、加齢だけでなく、肌への過刺激、乾燥などから起こります。肌への刺激や乾燥対策などは、日ごろから注意することができますので、少しでも、ほうれい線ができにくい肌にすることを心がけるといいでしょう。