トピックスtopics

ゴルフ肘は針治療をするといいの?


ゴルフ肘の治療の目的は、基本的に痛みやしびれを取り除くものです。

しかし、長期的にゴルフ肘の症状が出ていて痛みやしびれが慢性化してしまった場合は、どうすれば良いのでしょうか?

そんな時有効な治療法が針治療です。針治療は痛みが治まらなくなった段階でも、高い効果を発揮する場合があります。

今回は、ゴルフ肘の針治療についてご紹介します。

ゴルフ肘には針治療!?


針治療はゴルフ肘の症状がどの程度の時に行うのでしょうか?

ゴルフ肘の治療は、基本的には保存療法で、段階に応じて様々な治療を行います。

例えば初期のうちなら安静、ストレッチ、リハビリなどを行います。症状が進むと投薬やステロイド注射による治療に切り替わります。そして重症化してしまった場合は手術を行います。

ゴルフ肘は、症状が進行するにつれて治りにくく、再発しやすくなります。

しかし、初期のうちに治療を始められた人のほとんどが短期間で回復しています。

ですから、痛みに気づいたらなるべく早く安静にし、必要であれば初期でも専門医の治療を受けることが必要です。

では、ゴルフ肘でハリ治療をするのは、どの段階なのでしょうか?

ゴルフ肘で針治療を受ける人は、痛みやしびれが慢性化している状態の場合が多いです。

つまり、どちらかと言えば治りにくい状態であり、根気よく治療を行っていく必要があります。そして、ゴルフ肘の針治療は、手術を除く治療法で症状が改善しなかった人が受けていることが多いです。

ゴルフ肘の針治療を行うメリット

ゴルフ肘の針治療には大きなメリットがあります。

針治療では痛みの原因となった肘だけではなく、全身をチェックします。

体の歪みや緊張している筋肉などを一通り確認することで、ゴルフ肘になった原因にもアプローチしていくのです。ゴルフ肘になった原因、どんな姿勢でスイングを行ったから痛みが出たのかなどをちぇっくします。

そうすることで、治療にも役立ちますし、今後の再発の予防にも繋がります。

ゴルフ肘の針治療を行う回数

ゴルフ肘で針治療を行う場合、回数は5回程度です。

実際、ゴルフ肘で通院している患者さんも5回で改善することが多く、ほとんどの患者さんは、針治療を終えた後はゴルフを再開出来ています。

痛みがなかなか引かず、湿布もステロイド注射も効かなかったという人は、針治療も検討してみると効果が期待できるかもしれません。

まとめ

ゴルフ肘の治療には針治療も有効です。

ステロイド注射まで行っても症状が改善されないと、治療を諦めてしまいたくなるかもしれません。しかし、針治療で多くのゴルフ肘患者さんが痛みを改善しています。

再発の予防も必要ですし、あまり無理は出来ませんが、針治療によってゴルフ肘の症状を抑えることができれば、再びゴルフを快適に楽しめる可能性は高くなります。

治療の回数もそれほど多くありませんし、一度針治療を検討してみるのも良いと思います。

とはいっても、初期の段階で治すのが一番ですから、痛みが出たら、まずは整形外科を受診し、しっかり診断をしてもらい適切な治療を行ってくださいね。

トップ