トピックスtopics

ゴルフで右肘が痛い!これって治るの?

ゴルフ愛好家の多くは、ゴルフで右肘が痛い!などと悩んだことがあるのではないでしょうか?

スイングなどで肘に繰り返し負担をかけることがゴルフ肘の原因になります。また、スイングの回数が多かったからではなく、スイングのやり方が良くなかったことが発症のきっかけになった場合も少なくありません。

さらに、ゴルフ肘は左肘と右肘のどちらに発症するかで原因が違ってきます。

今回は右肘がゴルフで痛い!ということになってしまう原因や対策について解説します。

ゴルフで右肘が痛い!どうしたらいいの?


ゴルフ肘で痛むのは肘の内側です。人によっては外側が痛むこともあります。ゴルフ肘の痛みにはスイングが影響していますから、スイングをしようとする度に痛みを感じます。

初期のうちなら痛みが出たら安静にすることと、運動を再開する時には手のストレッチを行うことで症状が改善しますし、予防につながります。

しかし、悪化すると安静時にも痛みが出るため、治療の方法も治療にかかる期間も長くなってしまいますし、日常生活にも支障をきたします。

ですから、ゴルフで右ひじが痛い!というような症状がある場合は、スイングは控え、痛みが治まるまで安静にしてください。

安静にしても痛みやしびれがとれないという場合は、整形外科を受診しましょう。

ゴルフで右肘が痛い!ということになる原因

ゴルフ肘は、ゴルフクラブの扱い方やボールの打ち方に癖がある人が発症しやすい病気で、特に右肘が痛む場合は、右手と右手首の使い方に問題があると言われています。

スイングをする際の問題とは、右手でボールを打っていることです。右手でボールを打った時、ゴルフクラブのヘッドがボールに当たる瞬間、一瞬止まります。

しかし、この時手は止まっていても肘が進んでいるのです。この時肘の関節は伸びた状態になっています。打ち方に癖が付くと常に肘関節は伸びた状態となり、肘には大きな負担となります。

このような間違ったスイングは肘を傷めるため、反復して行うことでゴルフ肘を発症してしまうことがあります。

ゴルフで右肘が痛い!ということにならないようにするには?

例えば、ゴルフをやっていて右肘が痛いのでプレイできない…というようなことになると辛いですよね。

ですが、我慢してゴルフを続けてしまうと「痛い!」というだけでは済まなくなり、場合によっては手術を検討することになってしまう危険もあります。

ですから、痛みが起こらないようなプレイの仕方が必要です。

ゴルフで右肘が痛い!となることを防ぐ、すなわちゴルフ肘にならないようにするためには、まず肘に負担をかける間違ったスイングを改善することが必要です。

そのためには独学ではなく、きちんと専門家に確認してもらった方が良いでしょう。

また、体に筋肉を付けることも有効です。スイングの際体に負荷がかかっても大丈夫なように、ある程度筋肉を付けておきましょう。

そして、一番効果的な予防法としては、日頃からストレッチを行うことが挙げられます。

運動する前と後に肩から指をほぐす習慣を付けましょう。筋肉が柔らかくなっていれば、肘にかかる負担も軽減されますから、ぜひ、取り入れてみてくださいね。

まとめ

ゴルフで右肘が痛い!というようなことになると、これって治るの?と心配になることもあると思います。

しかし、初期の段階であれば安静にすることで治りますから、痛みが出たら無理をせず、動かさないように安静にしてください。

また、再発を予防するためにも日ごろからストレッチを行うことをお勧めします。

もし、ゴルフ肘の症状を感じたら安静にすること、そして日ごろからストレッチを行い筋肉を柔らかくしておくようにしましょう。

安静にしても治らない、軽めのストレッチでも痛みが強いという場合は、症状が悪化している可能性がありますから、早めに整形外科を受診してください。

トップ