トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 左肘の痛みと外側のゴルフ肘について/リペアセルクリニック 大阪

左肘の痛みと外側のゴルフ肘について/リペアセルクリニック 大阪


ゴルフ肘は通常は肘の内側に痛みが出ることが多いのですが、ゴルフクラブの重さや握り方によっては肘の外側に痛みが出ることもあります。

また、ゴルフ肘は左腕が痛くなる人も多いです。

そこで今回は、左肘の痛みと外側のゴルフ肘について解説します。

ゴルフで左肘や左腕が痛む原因


ゴルフをしていて左肘や左腕が痛む原因は、ゴルフクラブの持ち方にあります。

左側の肘に痛みを感じる人は右打ちタイプが多く、スイングの仕方に問題があります。

クラブを強く地面に打ち付け過ぎている、肘に力を入れ過ぎている、前腕の位置が固定されているといった特徴が見られます。

分かりやすく言うと、ゴルフボールをすくい上げるように打っていることが左肘と左腕の痛みに関係しています。すくい上げるように打つことで、クラブからの衝撃がより伝わりやすくなるため、肘や腕に負担がかかりやすいのです。

また、左肘のゴルフ肘になる人は、ボールを打つ際に体を使わず手だけで打つ傾向があります。これも肘を傷める原因となります。

外側のゴルフ肘とは

ゴルフ肘は、ほとんどが肘の内側に痛みが出ます。病名も正式には「上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)」と言います。

肘の外側の痛みはテニス肘と呼ばれることが多く、「上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)」とも言います。

これらの疾患はどちらも肘から手にかけての筋肉が関係しています。

上腕骨内側上顆炎は肘の内側に出っ張っている上腕骨内側上顆という部分に付着している筋肉が、過剰に働くことでその付着部で炎症を起こしている疾患です。上腕骨内側上顆に付着している筋肉には、長掌筋や円回内筋など前腕屈筋群とよばれる筋肉があり、これらは手首を手のひら側に曲げたり、指を曲げる働きがあります。

上腕骨外側上顆炎は肘の外側に出っ張っている上腕骨外側上顆という部分に付着している筋肉が、過剰に働くことでその付着部で炎症を起こしている疾患です。上腕骨外側上顆に付着している筋肉には、指伸筋や回外筋など前腕伸筋群とよばれる筋肉があり、これらは手首を手の甲側に反らしたり、指を伸ばす働きがあります。

外側ゴルフ肘の対策

外側ゴルフ肘は、内側と違い日常生活で痛みを感じることがあります。

また、ゴルフやテニスをしていなくても、雑巾を絞ったり重いものを持ったりすることで発症する人もたくさんいます。

対策としては、痛みを感じる動作をなるべく行わないことが一番です。

外側内側に関わらす、ゴルフ肘は肘への負担が繰り返しかかることで進行します。重症化すると治りにくくなりますし、リハビリや湿布などの保存療法が効かない場合は手術が必要になります。

手術の段階になると肘が曲がらなくなってしまうこともあるので、一大事です!

ゴルフ肘は症状が軽いうちならストレッチやリハビリで治りますし、治療期間も短くて済みます。

ゴルフ肘で痛みを感じたら我慢せず動作を中断し、しばらく安静を心掛けましょう。

セルフストレッチの方法

肘に痛みがある疾患として、「上腕骨内側上顆炎」と「上腕骨外側上顆炎」を紹介しました。これらの疾患は、繰り返し筋肉を動かすことで起こる炎症ですので、ストレッチを行うことが効果的です。

過剰に働いている筋肉は、収縮を繰り返すことで柔軟性が低下しています。これらの筋肉をストレッチし柔軟性を改善することで、付着部の負担を軽減させ、血流が増加することで痛みを和らげることができます。効果的にストレッチをするには、筋肉の働きとは逆の方向に動かすとしっかりと筋肉が伸びます。

最初は、内側の痛みの原因になっている前腕屈筋群からストレッチをしましょう。まずは肘を伸ばし、手のひらを上に向けます。そして反対側の手で手首を甲側に反らしましょう。これで手首を曲げる筋肉が伸ばされます。さらに反対の手をストレッチする側の指に当て、指を伸ばした状態で手首を反らしましょう。すると指を曲げる筋肉も一緒に伸ばすことができます。

続いて、外側の痛みの原因になっている前腕伸筋群からストレッチをしましょう。こちらも肘を伸ばしますが、手のひらは下に向けます。そして反対側の手で手首を手のひら側に曲げましょう。これで手首を反らす筋肉が伸ばされます。さらにストレッチする側の手を握った状態で手首を曲げましょう。すると指を伸ばす筋肉も一緒に伸ばすことができます。

まとめ

ゴルフ肘にも種類はたくさんあります。

スイングの仕方やグリップの握り方などで、発症する箇所も違うので左肘や左腕が痛む人もいれば、肘の外側が痛むという人もいます。

ただ、どのゴルフ肘にも共通して言えるのは、早期の段階で治療するのがベストということです。痛みを感じたら放置せず、病院で診察を受けてくださいね。

スポーツ外傷・障害の痛みは
手術しないで
再生医療で治す時代です。

  • スポーツへ早期に復帰したい
  • ステロイドを使いたくない
  • 慢性化した痛みや、捻挫などの外傷や腱鞘炎を早く治したい

こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ