トピックスtopics

ゴルフ肘の原因となるスイングについて


ゴルフ肘の原因は、その名前の通りゴルフによるものが多いです。

そして、テニス肘に比べると日常生活の動作が発症の原因となることが少ないのも特徴です。

でも、楽しいはずのゴルフで肘が痛くなってしまう、スイングが悩みの種の原因になるというのはつらいですよね。ゴルフのスイングは私達の肘にどのような影響を及ぼしているのでしょうか?

今回はゴルフで頻繁に行われるスイングとゴルフ肘の関係について解説していきます。

ゴルフ肘とスイング


ゴルフをする際に欠かせない動作の1つでもあるスイング。ゴルフ肘と呼ばれるくらいですので、発症にはスイングが大きく関係していることは明らかですよね。

ゴルフ肘は、手首を手のひら側に曲げる動作で痛みを感じます。そして、痛みが出ている部分が肘の内側にある内側上顆という部分です。この内側上顆には、手首を手のひら側に曲げる動作をする時に必要な筋肉が付着しています。

そのため、ゴルフのスイングのような動作を繰り返していると内側上顆に負担がかかることになるのです。

ゴルフ肘になりやすいスイング

スイングはテニスのフォアハンドストローク同様、肘の内側に負担をかける動作です。それを何度も繰り返し行うことで、ゴルフ肘を発症してしまうのです。

ゴルフ肘は症状が進行しない限りは日常生活に及ぼす影響はほとんどありません。しかし、ゴルフやテニスを趣味として楽しむ人にとっては、プレイ中に肘の痛みが出る、スイングできない…というのは困りますよね。

スイングでゴルフ肘が重症化するのを防ぐには

ゴルフでスイングした時痛みを感じる患者さんはたくさんいます。しかしゴルフはスイングしなければ出来ませんよね。

完全に予防するとなると、ゴルフ自体をやめることが一番かもしれません。しかし、趣味を諦めるというのは辛いものです。

そこで大切なのが早期の治療です。

ゴルフ肘は痛みを感じる動作を避けることで症状が改善します。

安静にしていれば症状が治まる軽度のうちに治療してしまいましょう。

重症化すると動作中でなくても痛みやしびれが出るため、飲み薬や湿布が効かなくなり、そうなるとステロイド注射で治療することになります。

さらに症状が進むと手術を行うことに‥‥。

手術が必要なレベルまで症状が進むと、治っても些細なことで再発しやすくなるため、初期のうちにしっかり治すことがベストです。

また、ゴルフ肘の痛みはストレッチやサポーターの使用で軽減することも出来ます。ストレッチの方法やサポーターの着け方を担当医に確認し、早期の治療を目指しましょう。

まとめ

ゴルフ肘とスイングは切り離せない関係です。

しかし、初期のうちに治療すること、そして予防することで、ゴルフを長く楽しめる可能性が高まります。

痛みのある時は安静にして、再び肘を動かす時はストレッチを行ってからにしましょう。

また、サポーターを着用すれば肘への負担も軽くなります。早い段階で医師の診察を受けておくことも大切ですよ。

スポーツ外傷・障害の痛みは
手術しないで
再生医療で治す時代です。

  • スポーツへ早期に復帰したい
  • ステロイドを使いたくない
  • 慢性化した痛みや、捻挫などの外傷や腱鞘炎を早く治したい

こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ