トピックスtopics

長引く鷺足炎を早く治したい!どうすればいい?


鷺足炎が長引くと、日常生活にも支障をきたしてしまいます。

鷺足炎になると、階段の昇り降りがつらい、スポーツに早く復帰したい!どうにかして痛みをとりたいですよね。でも、痛みを取るには、どうしたらいいのでしょうか?

鷺足炎の治療

鷺足炎の治療で、まず大切なのは膝を安静にすることです。鷺足炎は膝を使いすぎたことによっておこる炎症なので、休ませてあげるのが重要です。

次に、緊張してしまった鷺足周辺の筋肉をほぐしてあげることも大切です。マッサージやストレッチによって筋肉の委縮をほぐし、膝の可動域を広げます。

軽症の場合は、痛みを感じたらアイシングを行う、ストレッチをする程度で治ります。

また、塗り薬や貼り薬も効果的ですし、軽症や中等症であれば、スポーツを続けることも可能です。

病院で行われる鷺足炎の治療とは?

病院で鷺足炎の治療を受ける場合は、消炎剤や鎮痛剤の内服、湿布などの外用剤、マッサージやストレッチ、電気療法などの痛み軽減方法が行われています。

また、毎日のストレッチ提案や、インソール、足底板の製作などを行い、足への負担を減らしていきます。

スポーツ選手の鷺足炎は長引く?

鷺足炎は慢性のスポーツ障害の1つです。

一度発症すると、繰り返すこともありますから、ストレッチなどの予防を徹底しましょう。

もし、発症してしまっても、症状を悪化させて、鷺足炎の治療が長引くようなことは避けたほうが良いです。

鷺足炎の痛みが長引く時は

ストレッチやリハビリなどで治療を続けていても、なかなか痛みが取れない場合があります。

鷺足炎の痛みが長引く時は、ステロイドと局所麻酔薬を注射することがあります。

しかしながら、ステロイドが腱を痛める恐れがあるため、痛みが強く歩行障害が出てしまっているような場合限定で行うなど、ステロイドは最小限にとどめられています。

鷺足炎の痛みではない場合もあるので長引く場合は注意!


人によりますが、筋肉の過緊張によって伏在神経絞扼性障害を起こすことがあります。

鷺足の少し上の中枢をたたくと放散痛を生じ、筋の痛みだけでは収まらなくなります。そして、鷺足の内側やふくらはぎの内側にしびれを感じるようになり、下肢内側の障害にまで発展することもあります。

ここまでくると、筋肉の炎症が和らいだとしても、神経のしびれはとれません。

また、「長引く鷺足炎の痛みだなあ」、などと思っていても、症状が悪化し、変形性膝関節症を併発していることもあります。

そうなるとますます日常生活に支障をきたしますので、しっかりとした治療と予防が必要です。

鷺足炎の痛みが長引く場合は、かかりつけの医師にも相談してくださいね。

まとめ

どんな病気にでも言えることですが、痛みは早く取りたいものですよね。鷺足炎にしてもそうです。

日常生活のことを考えると、鷺足炎の痛みが長引くようなことは避けたいものですから、ストレッチやリハビリ、適正体重に戻すなど、膝への負担をできるだけ減らすことが大切です。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ