トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 男性も女性も薄毛の原因は意外なこと!その対策を解説

男性も女性も薄毛の原因は意外なこと!その対策を解説

 

何気なく手で後頭部を触ってみると、「あれっ!?なんだか髪の毛が少ないような?」なんて思ってしまう人は、非常に多いのではないでしょうか。それは男性ならほとんどの人が経験するであろう薄毛。また絶対数は少ないですが、女性にも抜け毛がひどくて悩んでしまうところです。このように男性・女性関係なく、髪の悩みを経験する可能性があります。

男性であれば、ハリウッドスターのように薄毛でもカッコよければ良いですが、日本ではそうもいきません。
女性であれば、あるはずのない髪が少ないとどうしても視線を集めてしまう。
そこで、なぜ抜け毛になって薄毛になってしまうのか?どうすれば薄毛を良くできるのか?チェックしていきましょう。

 

男性女性ともに薄毛になる理由は最低でも4つはある

 

実は薄毛になってしまう原因はたくさんありますが、大きく分けて4つあるということをご存知でしたでしょうか。
無知の状態で、薄毛をケアする製品を買ってしまう前に、薄毛の原因が何なのかを勉強していきましょう!

 

遺伝の問題による抜け毛

「薄毛=遺伝」と言うのは、何となくイメージできるもの。
そのイメージ通り、残念ながら、遺伝によって薄毛になってしまうのは事実です。
とくに男性ホルモンの遺伝により毛髪にも影響するというわけです。

つまり、家系に薄毛の人が多ければ多いほど、薄毛になる確率が高くなる、ということです。

 

ストレスによる抜け毛が多い

仕事をしていたり、家庭を持っていたりする人であれば少なからずストレスを抱えているものです。
長い間ストレスを抱え続けると、血の流れが悪くなり、頭皮にまで栄養が届かなくなってしまいます。
当然、ストレスを抱え込むと抜け毛が多くなってしまう。

結果的に、髪の毛が育たない環境ができ上がってしまい抜け毛だけが増えてしまう、というわけです。
定期的にストレスをケアする方法を探してみたり、気を張りすぎないようにしましょう。

 

生活習慣の乱れによる薄毛

社会人であれば毎日が多忙すぎて、どうしても運動不足になったり、睡眠不足になったりすることでしょう。
運動不足により体がかたくなってしまい、血行不良に繋がりやすくなります。
結果的に栄養が髪の毛にまで行き届かなくなり、薄毛の原因へとつながってしまいます

また、睡眠不足もおなじことが言えます。
しっかりとした睡眠をとらないと、体もしんどくなりますし、髪の毛にもよくありません。

 

過度のパーマやカラーリングによる薄毛

見るからに、頭皮へダメージを与えていそうな過度のパーマやカラーリング。
髪を切るだけではなんの問題もありませんが、パーマやカラーリングをしすぎると、髪の毛を傷めてしまう可能性があります
女性なら頻繁に、美容院で髪の毛を染めたりパーマをかけることでしょう。特に薬剤の強いパーマや、ブリーチなどを短期間で繰り返していると、髪の毛におおきな負担をあたえてしまうことに。

当然ですが、頭皮が傷んでしまうと髪の毛がいたずらに抜け落ちてしまい、結果的に薄毛になってしまいます。
また、抜け毛防止にはシャンプーの仕方も重要です。面倒だからと言ってツメで頭を洗うと、頭皮に傷がついてしまいダメージを負ってしまいます。

シャンプーはしっかり手で泡立ててから、指の腹を使い頭皮の皮脂汚れを優しく洗いましょう。

 

抜け毛を少なくするためには早い段階で対策を

 

実際のところ、完全な薄毛になってしまったところで、若かりしころのように髪の毛が増えたり生えたりするのは至難の業です。 荒れ果てた水もない砂漠を、緑いっぱいの大地にするのとおなじように。

つまり、薄毛に気づいたのであればなるべく早い段階で対策をしておく必要があります。

 

食生活を良くする

普段から、好きなものや脂っこいものだけを食べていませんか?
また、決まった時間ではなく、お腹がすけば適当に食べていませんか?

それらの行為は自分自身満たされますが、体には絶対によくありません。
つまり、髪の毛にも悪影響をおぼしてしまう、ということです。ですから、好き嫌いをせずに栄養のある食事を心がけること。朝昼晩で、なるべく決まった時間に食事をとるようにしましょう。

 

適度な運動を心がける

毎日でなくても、週に1回くらいは適度な運動をするべきです。トレーニングジムに行ったり、自宅周辺をランニングしてみたり。そうすることで、凝り固まった筋肉をほぐすことができます。

つまり、筋肉がやわらかくなることで血の流れがスムーズになり、毛髪まで栄養が行き届くというわけです。

 

パーマやカラーリングの頻度を少なくする

どうしても過度のパーマやカラーリングは、頭皮に悪い影響をあたえてしまいます。
もちろん、オシャレでしているのは十分承知していますが、髪の毛がなくなってしまえば、元も子もありません。
当然、髪の毛が少なくなってしまえば、オシャレどころではなくなってしまうことでしょう。
ですから、なるべくパーマやカラーリングの回数を減らして頭皮の負担を減らしてあげることが重要です。

 

再生医療で薄毛をなくす

したり食生活を良くしたりなどは、いきなり変えようと思ってもそう簡単にはできないことでしょう。
そこでおすめなのが、毛髪の再生医療です。実は薄毛の対策も、医療で解決できる時代がやってきました。

再生医療とは、自分の細胞をそのまま利用して、薄毛をよくするための医療をあらわします。
また、自分自身の細胞を利用するため、副作用の心配がないというメリットがあります。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。
健康の悩みはもちろん、薄毛の悩みに的を当てすぎて、ストレスをまずは溜めないようにしましょう。
薄毛はだれにでもなってしまうものですが、なんとかしないといたずらに抜け毛が増えてしまいます。

ですから、ほったらかしのままでは取り返しのつかないことにも。薄毛や抜け毛が多いことで悩んでいるのであれば、少しでも早く行動し対策するようにしましょう。悩みは溜めず、普段の健康的な生活とヘアケアは欠かさず、毛や健康により良い環境を作ってあげましょう。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ