トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 糖尿病の運動療法の禁忌|運動を禁止・制限したほうが良い場合とは

糖尿病の運動療法の禁忌|運動を禁止・制限したほうが良い場合とは

糖尿病の運動療法の禁忌|運動を禁止・制限したほうが良い場合とは

糖尿病と診断されたらどうにかして改善したいと思いますよね。特に日頃から運動習慣がない方は、「これを機に運動を取り入れて糖尿病を改善しよう」と思うかもしれませんね。

一方、「糖尿病には運動をしてはいけないケースがある」と聞いたことがある人もいるのでは?そんなことを聞いたら「自分は運動しても良いのだろうか」と不安ですよね。

この記事では、糖尿病で運動療法を行ってはいけない人とはどんな人か、また制限付きであれば運動を行っても良い人とはどういう人なのかについて見ていきます。

糖尿病で運動療法は禁忌とされる人

糖尿病治療の基本は食事療法と運動療法です。しかし、運動の種類や強度によっては血圧を上げるなどのリスクもあります。運動療法を始める前に、自分自身が運動療法を禁忌とされているかどうかを確認する必要があります。

以下に当てはまる場合は運動療法を禁止したほうが良いでしょう。

・増殖網膜症・増殖前網膜症を発症している人
・レーザー光凝固後3〜6カ月以内の網膜症を発症している人
・第3B期(顕性腎症後期)以降の腎症(血清クレアチニン:男性2.5mg/dl以上、女性2.0mg/dl以上)の人
・心筋梗塞など重篤な心血管系障害がある人
・高度の糖尿病自律神経障害がある人
・1型糖尿病でケトーシスがある人
・代謝コントロールが極端に悪い人(空腹時血糖値≧250mg/dlまたは尿ケトン体中等度以上陽性)
・急性感染症を発症している人

制限・注意すれば運動療法を行って良い人

運動を禁忌とはされていないものの、制限や注意をすれば運動療法を行っても良いという糖尿病患者の方もいます。医師と相談し、運動をうまく取り入れることができれば糖尿病治療に効果的です。

どのような人が対象になるのか見ていきましょう。

インスリン治療中の人

糖尿病治療は食事療法と運動療法が基本です。それでも改善しない場合は薬物治療に進みます。糖尿病で用いる薬のなかには体の外からインスリンを補うインスリン治療もあります。

インスリン治療中であっても、運動療法を行うことでインスリンの投与量を減らすことができるなどのメリットがあります

運動はエネルギーを消費することで血糖値を下げる一方、血糖値を上げるホルモンも分泌されるため、血糖値が不安定になる傾向があります。したがって、薬物治療中の運動は慎重に行う必要があります。

特に空腹時や起床時の運動は低血糖を起こしやすいため、血糖値が高くなる食後に運動することが大切です。

単純網膜症の人

糖尿病の合併症の1つに糖尿病網膜症があります。糖尿病網膜症は病気の進行度によって単純糖尿病網膜症・増殖前網膜症・増殖網膜症にわかれます。糖尿病網膜症は血圧の変動によって出血する可能性があります。また低血糖になることで眼底出血が引き起こされることもわかっています。

軽度の場合は運動療法を取り入れても差し支えありませんが、状況によっては運動が制限されたり、禁止されることがあります。単純糖尿病網膜症とは糖尿病網膜症の初期段階です。後述する増殖前網膜症と増殖網膜症と混同しないようにしましょう。

増殖前網膜症・増殖網膜症を患っている人

増殖前網膜症の場合は血圧におよぼす影響の少ない軽度の運動にとどめます。頭を強く振る、頭を下げる、力むといったことは血圧を上げ、頭部への血流を増やすため、眼底出血などを起こす可能性があります。

増殖網膜症になると、運動だけでなく、日常生活でも力んだり、息をこらえたり、重量物を持ち上げるといったことは避ける必要があります。

糖尿病神経障害の人

糖尿病神経障害では、感覚神経障害と自律神経障害を招くことがあります。感覚神経障害の場合、足に負担をかけにくい自転車エルゴメーターや水泳などの運動が望ましいとされています。一方、自律神経障害の場合は日常生活以外で運動を行うことは禁忌となっています。

重篤な心血管障害や肺の病気を患っている人

心血管疾患がある方やそのリスクのある方が運動療法を行う際は負荷心電図などの評価が必要です。負荷心電図は運動負荷心電図ともいい、運動中の心電図を観察するものです。これにより、どのくらいの運動なら問題がないのかをあらかじめチェックすることができます。

腎症を患っている人

糖尿病性腎症は病期によって5段階にわかれます。

従来は糖尿病性腎症の患者の方に対して運動を制限する傾向がありました。しかし、適度な運動は持久力などの運動耐容能を向上させ、脂質代謝などを改善させることから、現在は病期に応じた運動を行うことを推奨しています。

ただし、第3期B(顕性腎症後期)まで進行した場合は運動療法を制限する必要があります。

ケトーシス状態の人

空腹時血糖値が250mg/dl以上(高血糖)、ケトーシス状態の場合は運動することは制限されます。ケトーシスとは血中のケトン体が増加し、尿中のケトン体が中等度以上のことをいいます。

この状態で運動すると糖代謝が悪化するため、食事療法と薬物療法で血糖値をコントロールしたうえで運動を行います。

運動の開始前には医師によるメディカルチェックが必要

ここまで説明したように、糖尿病患者の方が運動療法を行う際、やり方を間違えると事故や症状を悪化させることがあります。

そのため運動療法を始める前には医師によるメディカルチェックを受けることが大切です。糖尿病患者の方が運動療法を行う際に実施するメディカルチェックの基本項目は以下となります。

●問診:自覚症状がないか・糖尿病以外で治療中の病気や服薬中の薬・家族の既往歴・現在の生活状態や運動習慣
●血液検査:空腹時血糖・HbA1c
●診察:内科診察・血圧・脈拍数・身体計測(身長、体重、腹囲)・肥満度
●尿検査:蛋白・ケトン体
●心電図:安静時心電図

運動療法を開始後も、少なくとも年に一回は医師によるメディカルチェックを受けましょう。

まとめ

糖尿病で運動療法を行ってはいけないケースと制限付きであれば運動を行っても良いケースについて説明しました。

糖尿病は再生医療で
完治する可能性があります。

再生医療であれば、糖尿病の原因であるすい臓機能を治癒させることができる可能性があります。さかもとクリニックは国内でも再生医療を利用して糖尿病治療ができる数少ないクリニックです。糖尿病で悩まれている方は一度ご相談ください。