トピックスtopics

変形性膝関節症との治療法と最新治療について


変形性膝関節症は症状の進行に段階がありますが、その段階ごと治療法があります。その段階に適した治療を受けることで、辛い症状を緩和させることができるでしょう。そこでこちらでは、変形性膝関節症の治療法についてご紹介します。また、最新治療についてもまとめました。

変形性膝関節症にはどんな治療法がある?


症状が軽いうちは生活習慣の改善と内服薬での治療がメインとなります。もう少し進行するとリハビリも取り入れた治療となり、症状が重い末期では手術を行うこともあります。

生活習慣の改善

症状が軽い場合は、日常生活における膝の負担軽減を目的として、生活習慣の改善を行います。具体的には普段の動作を見直す、肥満であれば減量するといった内容です。

運動療法

運動によって脚に筋力をつけ、膝周辺の筋肉を強化し、膝関節を保護します。運動をすると膝の痛みが強くなるのでは?と不安になる患者さんもいらっしゃいますが、適切・適度な運動を行うことで膝周囲の筋肉強化が可能になり、膝関節の負担を軽減することができます。

薬物療法

痛みのある患者さんには、内服薬や外用薬を使った痛み止め治療を行います。

装具療法

歩行や立ち上がりの際の膝への負担を軽減するため、膝サポーターや足底への装具着用を行います。

物理療法

膝周辺を温めて血行を促したり、炎症が酷く腫れている場合は冷やすなどします。

外科手術

症状が進行した場合、外科的治療が必要になることがあります。具体的には、内視鏡を使った関節鏡視下手術や、骨を切って変形を矯正する高位脛骨(けいこつ)骨切り術、人工膝関節置換術などがあります。

変形性膝関節症の最新治療「人工膝関節置換術」

変形性膝関節症で辛い思いをしている患者さんは少なくありません。特に、投薬や注射でも改善しない痛みが続く末期の患者さんは日常生活に支障をきたしています。そのような場合、最新治療の選択も可能です。

変形性膝関節症の最新治療では、特殊な金属とポリエチレンから作られる人工関節を設置することで、膝関節の動きをサポートすることができます。

術後はそれまでの膝関節の痛みがなくなる、もしくは大きく和らぎ、膝の痛みが軽くなることで、運動もできるようになることが多いです。

変形性膝関節症の最新治療には注意点があります!

人工関節置換術によって痛みは和らぎ、日常生活の不便も少なくなりますが、やはり手術には注意点やリスクがあります。

例えば、人工関節が外れる、異物を入れたことによる細菌感染が起きるといったリスクがあり、時間の経過に伴い人工関節が緩むこともあります。

ですから、変形性膝関節症で最新治療を受ける場合は、信頼できる病院を選ぶこと、また、術後も定期的に受診をし、適切な検査を受けることが必要です。

まとめ

軽度な変形性膝関節症は、外科手術を必要としなくても進行を抑えることが可能ですが、進行してしまうと外科的手術が必要になる場合があります。しかし、末期の変形性膝関節症でも最新治療によって運動が可能になるほど症状を緩和することが可能です。最新治療を検討する場合、変形性膝関節症の治療実績の高い整形外科を選ぶこと、また、術後のトラブルを防ぐためにも、定期的な受診を怠らず検査をきちんと受けるようにしましょう。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。