トピックスtopics

変形性膝関節症の痛みが辛い…痛みの原因と対処法


変形性膝関節症は、症状が進行するごとに痛みを感じる頻度が増えます。膝が痛いのはとても辛いですから、何とかして痛みを和らげたいですよね。そこでこちらでは、変形性膝関節症の痛みが起きる原因と痛みがある場合の対処法についてご紹介します。

変形性膝関節症になると痛みが起きるのはなぜ?

変形性膝関節症は、加齢や膝関節の酷使によって発症する膝関節の病気です。50歳以上の方、肥満の方、日常的に激しい運動をしている方や若い頃にスポーツで膝を酷使していた方などに発症することが多いです。

また、普段運動しない方が突然無理な運動をした時にも発症することがあります。

変形性膝関節症で痛みが出るのは炎症を起こしているから

変形性膝関節症の痛みには、大腿骨とけい骨(すねの骨)を覆っている関節包(かんせつほう)が関係しています。負荷がかかったことですり減った軟骨の削りかすが関節包にたまり、炎症を起こします。すると、関節包の内部にある滑膜(かつまく)という膜に液体が増え痛みが生じるのです。

変形性膝関節症の痛みは変化します


変形性膝関節症の痛みは、症状の進行によって変化します。

その進行度は、動作の始めに違和感を感じる「初期」、動作の最中常に痛みを感じる「中期」、安静にしていても痛みが治まらない「末期」の3つに分けられます。

初期の痛み

変形性膝関節症初期は、歩き始めの数歩や椅子から立ち上がる際など、何か動作を始めるタイミングに痛みを感じます。この他には、階段の上り下りなど膝関節に普段がかかりやすい動作でも痛みが出やすいです。

また、何となく違和感を感じる程度という場合もあります。

中期の痛み

中期になると、膝の曲げ伸ばしに痛みを感じ始めます。また、初期では動作の始めだけだった痛みが、動作の最中ずっと感じるようになります。

しかし、動作を止めて安静にしていれば、痛みが治まるのも中期の特徴ですが、炎症によって水がたまり、膝が腫れることもあるので、早期に整形外科を受診し治療を始めたほうが良いでしょう。

末期の痛み

変形性膝関節症の末期になると、膝を動かす度に痛みが起こります。特に運動せず、安静にしているだけでも痛みを感じるようになるので、ここまで症状が進むと、座っているのも立ち上がるのも難しくなってしまいます。

また、炎症を繰り返したことによって骨が硬くなり、膝自体が変形してしまう場合もあります。

変形性膝関節症の痛みを和らげる対処法はある?

辛い痛みを我慢して、日常生活を送っているという人も多いと思います。

しかし、ご紹介したように、中期から末期になると変形性膝関節症の痛みは強くなり、末期には膝が変形するほどの症状が出てしまいます。そうなると、日常生活を送るのが難しくなりますし、歩くことができなければ運動不足に、結果、さらに肥満が進んだり内臓の働きが悪くなり様々な病気を引き起こす原因にもなってしまいます。

ですから、痛みは我慢せず、早期に治療を受けるようにしましょう。

初期~中期の前半あたりでは、3日から1週間ほどなるべく安静にし、膝に負担をかけない生活を送ることで炎症が収まり、痛みも引く場合が多いです。ですから、変形膝関節症は、初期の段階で炎症を悪化させないようにすることが大切です。

安静にしていても膝の痛みが治まらないという場合は、医療機関を受診してください。専門医による適切な治療を受けることで、なるべく日常生活に支障をきたさないような痛みの対処法を指導してもらえますし、治療を行い悪化を防ぐことができます。

まとめ

変形性膝関節症の痛みには段階があることをご紹介しました。症状が進むとどんどん痛みも深刻化し、末期になると病院を受診することさえも大変になります。痛みが出たらまず安静に、そして、なるべく早い段階で医師の診察を受けましょう。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ