トピックスtopics

糖尿病が治らない理由|初期症状と予防方法を紹介

糖尿病が治らない理由|初期症状と予防方法を紹介

「糖尿病は治らない」「一生付き合っていく病気」などと聞いたことはありませんか?本当にそうなら治療を続ける気力もなくなりますよね。確かに糖尿病は完治しない病気です。でも治療によって健康な人と変わらない状態を保つことはできます。

この記事では、糖尿病はなぜ治らないといわれるのかについて説明し、糖尿病と診断されたときの治療法や糖尿病を発症しないための予防法を紹介します。

糖尿病が一生治らないといわれる理由

日本では糖尿病患者のほとんどが生活習慣病の1つである2型糖尿病患者といわれています。

2型糖尿病は体質などの遺伝的要素と生活習慣が組み合わさることで発症します。治療によって血糖値が正常値に戻ったとしても、血糖値の上がりやすい体質(遺伝的要素)や年齢は変わりません。

そのため、生活習慣を変えない限り、治療を中止すればすぐに治療前の状態に戻ってしまいます。つまり、糖尿病には「治る」「治らない」という概念自体がないのです。

もちろん、血糖値のコントロールを行うことで健康な人と変わらない状態に保つことは可能です。そういう意味で、糖尿病治療は「血糖値をコントロールし、健康な状態を保つためのもの」と前向きに考えることが大切です。

また、糖尿病は、発症原因によって「1型糖尿病」と「2型糖尿病」に大別され、治療法も異なります。それぞれどういう特徴があるのか以下で見ていきます。

2型糖尿病

日本の糖尿病患者の約9割は2型糖尿病といわれています。2型糖尿病は体質などの遺伝的要素と乱れた食習慣などの生活習慣が組み合わさることで発症する病気です。

食事を摂るとすい臓からインスリンが分泌され、血糖値を下げます。2型糖尿病は、過食や運動不足によってインスリンの分泌量が低下したりインスリンが効きにくくなり、高血糖状態が続くことで発症します。

初期の段階で乱れた生活習慣を改善できれば、血糖値を健康な人と同じ状態に戻すことは十分可能です。

しかし、糖尿病が進行してしまうと健康な状態に戻すことは困難になります。そのため、初期段階で治療に取り組むことが大切になります。

1型糖尿病

1型糖尿病は何らかの原因ですい臓にあるβ細胞が破壊されて発症する病気です。インスリンはβ細胞から分泌されるため、1型糖尿病はほとんどインスリンを分泌できなくなります。

β細胞が破壊される原因は正確にはわかっていませんが、原因の1つに免疫異常(自己免疫)があると考えられています。1型糖尿病は現代医学では「治らない」といわれている病気です。発症すると一生付き合っていかなければなりません。

一方、1型糖尿病の治療方法は日夜進んでいます。最近では「再生医療」や「すい島(ランゲルハンス島)移植」などの研究も行われています。将来的には「1型糖尿病は治る病気」となる可能性もゼロではありません。

糖尿病の症状

糖尿病は「完治しない」「治らない」病気といわれる理由について説明しました。では、糖尿病になるとどのような症状が現れるのでしょうか。

2型糖尿病の症状

2型糖尿病は初期の段階では自覚症状がほとんどありません。ただし、進行すると以下のような症状がゆっくりと現れます。

・疲労感
・皮膚の乾燥、かゆみ
・手足の感覚低下
・感染症
・頻尿
・目のかすみ
・性機能の低下
・傷が治りにくい
・空腹感やのどの渇き

1型糖尿病の症状

1型糖尿病と2型糖尿病の大きな違いは発症原因や症状の現れ方です。いずれの糖尿病の場合も高血糖による症状が現れますが、1型糖尿病は「突然」次のような症状が現れるという特徴があります。

・強いのどの渇き
・頻尿
・急な体重減少
・重度の疲労感

糖尿病の予防方法

2型糖尿病は遺伝的要素と生活習慣が組み合わさることで発症します。そのため、食事療法と運動療法で生活習慣の改善に努めることが糖尿病の予防法であり、病気の進行を食い止めることにもつながります。

食事療法

糖尿病の食事療法では以下のポイントを押さえて行うことが大切です。

・摂取カロリーを抑える
・栄養バランスの良い食事を取る
・一日3食しっかり食べる

なお、1日の摂取カロリー(エネルギー摂取量)は以下の計算式が目安となります。

エネルギー摂取量(kcal)=身体活動量 (*1) ×標準体重(*2)

*1身体活動量(kcal)
*2標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22

身体活動量の目安は以下になります。
・軽労作(デスクワークが多い職業など) 25~30 kcal/kg標準体重 
・普通の労作(立ち仕事が多い職業など) 30~35 kcal/kg標準体重
・重い労作(力仕事が多い職業など)   35~  kcal/kg標準体重 

適切な摂取カロリーがわかっても、どのような食品をどれだけ食べれば良いかわからないこともあるでしょう。このような場合は、「糖尿病食事療法のための食品交換表」を利用すると便利です。

食品交換表

引用元:Amazon.com「糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版

運動療法

糖尿病の予防や治療の基本は食事療法と運動療法です。

運動療法を単独で行うと食欲が増すため、かえって糖尿病を招いたり、症状が悪化することもあります。そのため、糖尿病の予防や治療は食事療法と運動療法をセットで行うことが大切です。

運動療法を行う際は以下の点に注意して行うようにしましょう。

・軽い有酸素運動から始める
・継続して運動を続けることが重要
・週3日は運動の時間を確保

すでに糖尿病の症状がある方や持病がある方など、運動に制限がある人もいます。運動療法を取り入れる際は医師に相談してから行うようにしましょう。

また、日頃、まとまった時間が取れずに運動ができないという人もいるでしょう。このような場合、NEAT(非運動性熱産生)を高めることを心がけると良いでしょう。

NEATとは、「運動以外の日常生活活動で消費されるエネルギー」を意味し、掃除や洗濯、通勤や階段の昇り降りなどで消費するエネルギーのことを指します。

NEATを高めるためには以下のようなことを日常生活に取り入れると良いでしょう。

・エレベーターではなく階段を利用する
・通勤時に一駅前で降りて歩く
・歩幅を大きくする など

まとめ

糖尿病が治らないといわれる理由について説明しました。

「糖尿病は治らない」と考えてしまうと治療に積極的に取り組めません。糖尿病の治療は「血糖値をコントロールすることで健康な状態を保つためのもの」と考え、前向きに治療に取り組むことが大切です。

トップ