Dr.サカモトの再生医療チャンネルdr.sakamoto's channel

テニス肘の症状と治療法を解説!PRP注射も有効【再生医療】

テニス肘の症状と治療法を解説!PRP注射も有効 【再生医療】

今日はテニス肘についてお話したいと思います。テニス肘というものはテニスする時に、片手でバックハンドをした時に、または料理でフライパンや鍋などを持つ時によく痛める肘の腱鞘炎です。

手首を返す時に使う筋肉が腕にあり、その筋肉が肘の外側の骨の出っ張ったところについています。そこが何かの原因で引っ張られたりすることで筋肉がついているところで炎症を起こしてしまい、これをテニス肘と言います。

このテニス肘の治し方ですが、症状の軽い方はまずリハビリでこちらの筋肉を伸ばすストレッチを中心に行います。その他、湿布を貼ったり飲み薬を飲んで炎症を止めます。

それでも治らない方や、早くスポーツや職場に復帰したい方には、ちょうど腱鞘炎を起こしたところにステロイドという注射を数回打ちます。実はこのステロイド注射にはデメリットがあります。例えば、筋肉や腱鞘炎でステロイドを使うには2・3回が限度で、それ以上打ってしまうと腱が切れたり、腱がささくれてしまい、逆効果となってしまうことがあります。

そこでPRP治療という新しい再生医療で炎症を抑える治療が、今注目されています。このPRP治療によって、とても症状の重たい方はすぐに治すことができますし、早く仕事やスポーツに復帰したい方にはメリットがあります。

また自分の血を使うことで何度でも投与することが可能となり、副作用の少ない安全な治療です。このPRP治療については別の動画でお話しておりますので、そちらも併せてご覧ください。

私のクリニックの外来にお越しになる患者様で、テニス肘になって1年も2年もリハビリを続けたり、注射をしても治らない方がいました。その方をPRP治療することによって、たった2回の注射で痛みが取れたという実例があります。それほどPRP治療というものは絶大な威力があるものだと実感いたしました。

今、テニス肘で治療されている方でなかなか治らない方は、お近くのクリニックを訪ねて一度PRPの治療を受けてみてはいかがでしょうか?

再生医療のリペアセルクリニックTOPトップ