Dr.サカモトの再生医療チャンネルdr.sakamoto's channel
  • HOME
  • Dr.サカモトの再生医療チャンネル
  • 【再生医療】半月板損傷と変形性膝関節症同時発症も幹細胞治療とPRPで完治!関節鏡手術が必要と診断されても注射だけで治療可能って本当?

【再生医療】半月板損傷と変形性膝関節症同時発症も幹細胞治療とPRPで完治!関節鏡手術が必要と診断されても注射だけで治療可能って本当?

 

みなさん、こんにちは。Dr.サカモトです。

本日は半月板損傷に対する再生医療で、実際に行われた症例について説明したいと思います。

 

この方は60代の男性で、以前からマラソンされていました。

約一年前から走っている時に膝の痛みが出始めました。

徐々に痛みが強くなり走れなくなり、近隣の病院にてMRIを撮影すると、半月板損傷と診断され関節鏡の手術をしないといけないと宣告されました。

手術以外に何か良い方法はないのかとインターネットを探していたところ再生医療を見つけ、当院を受診されました。

 

レントゲン所見では変形性膝関節症といって軟骨がすり減った状態がみられます。

こちらがMRIの所見ですが、このように半月板が水平に断裂しています。

従来の治療法ではこのように半月板の損傷が認められて、歩くのが困難な場合は、関節鏡の手術をしなければなりません。

幹細胞による再生医療を行うと損傷した半月板の修復し再生させることができます。

 

この方の場合、PRPと1億個の幹細胞を投与しました。

そして、幹細胞を投与して約1ヶ月目から大きな変化がみられました。

歩行時の痛みは全く無くなり階段の時の痛みも無くなり、ジョギング程度なら少し走れる程度まで回復されました。

今後筋力トレーニングをしていただき、3ヶ月目くらいから少しマラソンをしても良いというところまでなりました。

約半年経った今では殆ど痛みもなく、マラソンも再開されています。

 

このように変形性膝関節症と半月板が両方あった場合、約1億個の幹細胞を作ることによって症状を改善することができました。

治療する上で、幹細胞の数はとても大切になってきます。

再生医療のリペアセルクリニックTOPトップ