症例紹介case introduction
  • HOME
  • 症例紹介
  • 60代男性 右変形性関節症と半月板損傷に対する幹細胞治療

60代男性 右変形性関節症と半月板損傷に対する幹細胞治療

マラソンが趣味で膝が痛くて走れない

もともとマラソンが好きな方で、よく普段から走り込んでいましたが約1年前からひざの痛みが出てきて走るのが困難になり当院に尋ねられました。

レントゲンを撮ると、ひざの軟骨がすり減り少し変形を認めました。よくあることですが、初めて膝に痛みが出てレントゲンを撮ると、意外と変形が進んで軟骨も損傷していることがよくあります。痛みとレントゲンの所見が必ずしも一致しないとういことですね。

マラソンしていて、徐々に軟骨がすり減りその後半月板損傷を認め、そのとき初めて痛みを感じたという流れですね。

レントゲンとMRIでひざの変形と半月板損傷認める

 

変形性膝関節症と半月板損傷の幹細胞治療
ひざの変形と半月板損傷に幹細胞治療

 

レントゲンの矢印の部分にあるように、関節の隙間が狭くなっているのが分かります。

MRIでは矢印の部分に白い亀裂が入っています。この半月板の水平断裂は再生医療以外の治療として、従来の関節鏡術では断裂している半月板を縫合したり、除去したりします。ただ除去するとなると、ひざのクッションの役目をする半月板がなくなるので軟骨のすり減るスピードがはやくなります。

その点幹細胞治療では除去せず、再生させるためクッションはなくなりません。

 

当院では1億の幹細胞と高濃度PRPの両方を投与できます

当院では、幹細胞の患者さんにはPRPの同時注射を進めております。文献的にもその両方を注射した方が軟骨や半月板の再生力が上がるためです。あと、一般的に関節の再生医療では注射する幹細胞の数は1000万個ですが、当院ではその10倍の1億個の幹細胞を投与します。

その方が軟骨の再生する面積が大きくなるためです。一億個の元気な幹細胞を作れる細胞加工室と提携していることは当院の強みの一つです。

幹細胞のもう一つの大事なところは生存率です。細胞を作って、投与するときに生きている細胞の数です。この生存率も国内において最高クラスの率を誇っています。幹細胞の数と生存率のこの2点は治療効果の上で欠かせない指標となります。

幹細胞投与してからのその後

幹細胞を投与して1ヶ月目から大きな変化を認めました。まず、屈伸運動をしても痛みが出なくなり、歩行時や階段の時も痛みがなくなりました。

早くマラソンをしたいところですが、あと2ヶ月は辛抱していただき当院指導の運動療法をしっかりとしていただきました。

関節の幹細胞治療に大切なのは、リハビリです。いくら幹細胞の注射でよくなってもす筋力トレーニングやストレッチをしないとまた再発するリスクは上がります。折角の高額医療を受けていただくからには、しっかりリハビリと運動指導を行い再生医療の効果を最大限に引き上げるのが私たちの使命だと思います。

 

 

ID000102

監修:院長 坂本貞範        

トップ