症例紹介case introduction
  • HOME
  • 症例紹介
  • 50代女性 変形性膝関節症と半月板損傷に対する幹細胞治療

50代女性 変形性膝関節症と半月板損傷に対する幹細胞治療

テニスが出来なくなった

数年前から膝の痛みがあり、ヒアルロン酸の注射を定期的に行っていました。しかし徐々に痛みが強くなりテニスどころか、歩行も困難となりついにはヒアルロン酸も効かなくなりました。

レントゲン、MRIでの状態では軟骨は中程度すり減っており、半月板にも損傷がありました。手術するのはまだ避けたい、ということでPRP治療をまず行いましたが、ほとんど痛みが変わらず。

PRP治療というのは関節の変形の初期では効果は高いですが、ある程度すり減っているとほとんど効かないことが多く見られます。半月板損傷においてはPRPの効果は低いと思われます。その説明を理解された上でPRPを行いましたが、やはり思うように痛みが取れず幹細胞治療に踏み切ることにしました。

変形性膝関節症と半月板損傷

半月板損傷と変形性ひざ関節症に対する再生医療
変形生膝関節症と半月板損傷に対する再生医療

レントゲンでは関節の内側の軟骨がすり減っており、骨棘という棘のような変形もあります。これは軟骨を通り越して骨まで変形しているということを示しています。ここまで来ればヒアルロン酸が効かなくて痛み強い時は、従来では人工関節術をすすめられていたでしょう。

しかし、再生医療で幹細胞を投与すると軟骨は再生されほとんど痛みは取れてしまいます。もちろん個人差はあります。この方はMRIでは半月板が水平断裂されており、そのため膝の曲げ伸ばしの際に損傷した半月板が挟まることで痛みで関節の動きが制限されていました。

幹細胞投与して約3ヶ月でかなり改善!

冷凍保存していない生き生きした1億の幹細胞投与しました。当院の冷凍していない幹細胞では、冷凍保存と違いほとんど細胞は死なないので生き生きしています。その方が治療効果が高いのです。幹細胞を投与して約3週間までは全く効果が見られなかったが、その後急に痛みが軽快し曲げ伸ばしが楽になったと喜ばれていました。その後は日に日に少しずつ痛みが取れて、できる動作が増えてきました。それまでは痛くて歩けなく、ほとんど自転車でなければ移動ができませんでした。

今はしっかり指導した通り筋力トレーニングをされており、再びテニスができることを目標にされております。

今後も定期的にフォローをさせていただきたいと思います。  

 

 

ID000040

監修:院長 坂本貞範                                         

トップ