症例紹介case introduction
  • HOME
  • 症例紹介
  • 70代女性 変形性膝関節症の幹細胞投与の1年後の結果!!

70代女性 変形性膝関節症の幹細胞投与の1年後の結果!!

ここまで良くなるとは思わなかった!!

 

約1年前に両膝が痛くてほとんど歩けず、もう人工関節術しかないと諦めていたとき、当院の再生医療を行うことを決意する。

当院の特徴である1億個もの幹細胞投与を両膝に行いました。正直、私自身としては、痛みが半分ぐらいで落ち着くだろうと思っていました。それぐらいレントゲンでみてもかなりの変形がありほとんど軟骨は残っていませんでしたから。

でもその予想は当たりませんでした。なんと、1年経った今は痛みが全く無くなったのです。あれほど変形していた膝なのに、こんなに痛みが取れるなんて、本人も喜んでおられました。

患者さん自身、京都のお寺を巡るのが好きでもう一度自分の膝で京都を歩きたいというのが願いでした。

今は全く膝が痛くないので、よく出歩いています。

幹細胞の数は多いほど効果はある

 

では、関節の中に入れる幹細胞の数は多いほどいいのか?よく聞かれますが、間違いなく多い方がいいのです。当院の委託している細胞加工室の高い技術により、最大1億個の幹細胞を一度に投与できるのです。

一般的には、1000万個ほどと言われています。実際、1億個の幹細胞の培養はとても難しいのです。日本でも1億個の幹細胞を関節に投与しているクリニックはほとんどありません。

もし幹細胞の治療にご興味がある方は、その幹細胞の数による治療の比較などのデータをお見せできますので一度お問い合わせください。

 

この方の以前の経過

 

                                                       

                                 リペアセルクリニック
                                   院長 坂本貞範

トップ